2011年 09月 28日
沢三昧…
9月23日、兵庫のすみたこさん(以下すみちゃん称させていただく)と合流してHYMLメンバー3名の合わせて4名で
南日高のオムシャへ向かう。

現地に着くや否や、意外に寒い。
天気もイマイチ。
北海道組は、行くとなれば行くが半袖姿のすみちゃんは返事が曖昧。
結果、初日はキャンセルになった。
その日は、することもないので遥々標津まで無料の温泉に浸かりに行く。

翌日再チャレンジで、再び現地に戻る。
さすがに遠い。
いったい何キロ走行したのだろう。

さて泊まる場所だが、近くにある楽古山荘を利用することに…。
いざ山荘に着くとすでに先着が居た。

中に入ってみると、何やら見覚えのある二人の女性がいた。
EちゃんとNちゃんだ。
Nちゃんとは一年ぶりの再会で懐かしかった。
Eちゃんとは何度かお会いしていた。
どうやらこのお二人、所属している某山岳会の会山行だという。

この後、小宴会。
翌日に備え、早めの就寝。
夜通し雨が降り続いている。
はたして明日は、大丈夫だろうか。
眠れぬ夜を過ごす。

翌日、小雨ではあるが相変わらず降り続いていた。
意を決して、現地で判断することになる。

E・Nちゃん組は、コイボクメナシュンの沢から楽古を狙うとのこと。

我々は、昨日行きそびれたオムシャ南西面沢遡行を決行。
入渓場所を見ると、明らかに増水。
とりあえず行けるところまでと判断。

b0078177_1941350.jpg


いきなり登り系の滝

b0078177_19413476.jpg


迫力ある滝に感無量

b0078177_19414664.jpg


ダイナミックな滝もある

b0078177_1942484.jpg


最後はハイマツかき分けての登りだ。

b0078177_19422769.jpg


すみちゃん、山頂直下で何思う


この南東面沢、とにかく面白い。
レベル的には初級より上だろうか。
けっして難しくはないだろうが、初級者ならザイルは必携だ。


そして、最終日。

場所を変えて、伏美避難小屋に移動。
そこで一夜を過ごして翌日の沢を目指す。
この避難小屋、先月ある人がノミに喰われて大変なめにあったという曰くつきの小屋だ。
中へ入ると、以前あった布団類が何一つ無くなっていた。
絨毯敷きだった床は、フローリング状態。
おそらく、管理している山岳会の方たちが清掃消毒をおこなったものと思われる。
とてもありがたいことである。
この場を借りてお礼を・・・。

翌日、伏美岳目指してニタナイ川北面沢を遡行。
ここでも白濁して増水。

とにかく、意を決して入渓。
なんのなんの、見事な渓相だ。
どちらかというと、癒し系だろうか。
だが、気を抜けないほど滑るので要注意だ。

次から次へと現れる滝の連瀑。
極めつけは、一直線に伸びる沢筋だ。

まるで天国への階段みたい。

b0078177_2035848.jpg


綺麗な渓相の中を歩きだす。

b0078177_2051689.jpg


右に大滝、左に目指す山頂への二股右股の沢

b0078177_2064928.jpg


どこまでも続く滝

b0078177_2081652.jpg


下界を見下ろせば、一筋の蛇行した沢もまた面白い

b0078177_2095848.jpg


やがて前方に稜線

b0078177_20111528.jpg


次に、直登沢伝いに登る。

b0078177_2013133.jpg


最後は、ハイマツをかき分けて山頂に到着。
雨に当たらず幸運なひと時でした。
その後休憩ののち、下山は夏道を利用して、一目散にかけおりて終了。

渋滞を恐れて、温泉にも入らず帰札。

兵庫のすみちゃん、またの再会を楽しみにお別れとなる。

9月後半の3連休は、少しだけ沢三昧で楽しい日々だった。

最後に細かな詳細はカットさせていただいた。
楽しみが半減するといけないので…。
とにかく、どちらも甲乙がつけがたいほど面白い沢である。
是非、皆さんもチャレンジしてはいかがだろうか。

ちなみにどちらの沢も、ザイルを使わなかった。
[PR]

# by kitaironoyama | 2011-09-28 20:29 | 登山 | Trackback | Comments(4)
2011年 09月 04日
NACデビュー
今週末は天気が悪く、Yちゃんからお誘いメールが来た。

何かって?
東札幌、NACのことです。

しかも、札幌に居ながら一度も行ったことが無い。
なので、今日がNACに初デビューさせてもらった。

とにかく行ってみたら、Yちゃんの他にPさんも来ていた。
そのうち、知らない間にぞくぞくといつもの顔ぶれが…。

ネットでは知っていたが初めて会う人。
いつも、沢・岩・山へご一緒している仲間たち・・・などなど。

肝心の壁は、ハードルが高く、そう簡単には容易に登らせてはくれない。
まさに壁にぶち当たった。
練習せねば…。

とは言え、大勢の仲間たちと「和気あいあい」楽しい時間を過ごせたのは救いだ。
時が経つのも早いもので、あっという間に5時間以上過ぎていた。

その後、みなと別れて帰路に着いたが、首が痛くて参った。
どうやら、壁を登っている人を見上げ過ぎたようだ。
ギャラリーも楽では無いということなのだろうか?。

さて、明日も天気悪いようだし、どうしようか?
山・沢は無理だしなぁ~。
たまには、のんびりとジムで過ごそうか思案中。
と言いながら、5時間もジムに居る自分は変人かなぁ~((笑

追伸…NACでの画像が無くてごめんなさい。
[PR]

# by kitaironoyama | 2011-09-04 00:40 | デビューの事 | Trackback | Comments(6)
2011年 09月 01日
恵庭岳~西沢遡行
8月28日、HYML仲間総勢6で、名恵庭岳~西沢を遡行。
遡行といっても、涸れ沢だ。


昔、札幌オリンピックの滑降競技会場となったイワクつきの場所にほど近いかも知れない。
車で、札幌から支笏湖へ向かう国道453号線からオコタンペ湖沿いの道道76号線を南西方向に回り込んで、オコタン温泉がある支笏湖へと向かう。

b0078177_21334664.jpg


湖畔を起点に通称西沢を遡行するが、水は全く流れていない。
いわゆる、涸れ沢だ。
一応登山口らしき標識に、無残にも朽ち果てかけている入山届記帳箱なるものが存在するが、いつの日からか全く使用されている様子はない。
と言うより、いにしえたる過去の残物と化していた。
昔は、一般的に使用されていたかは定かではない。

b0078177_2134209.jpg


しょっぱなから、藪漕ぎ状態であるが苦になるほどでもない。
と思ったのは、最初のうちだけだった。

沢沿いをひたすら登りつめるが、一向に標高が上がらない。
そのうち、トラロープがフィクスされている個所もあるが、へつり気味に登れば問題はない。
所々、苔が張り付いていて滑る。
登山靴よりは、スパイク地下足袋や沢靴の方が勝るかもしれない。
ちなみに沢靴の人は誰も居なかった。

b0078177_21344366.jpg


唯一、登れない苔の滝は左岸側から高巻き早めに沢床に戻る。
その後、沢伝いに遡行するが相変わらず標高が上がらない。
やがて後方を振り返れば、蒼く染まった支笏湖が眼下に見えてきた。

b0078177_213562.jpg


我慢しながら登ると二股となる。
右また方向の急傾斜には、砕石を敷均したような跡が見受けられるが、果たしてなんなのだろう。
自然の造形とは似つかない。

b0078177_21354141.jpg


このあたりから、皆くしゃみが多くなる。
何故?
どうやらヨモギ類の花粉が原因のようだ。
花粉症でない人でも、盛んにくしゃみをしていた。
半端じゃないくらい酷かった。
ちなみ自分は、この時期の花粉症でかなり辛かった。

取り直して、ここからはさらに急こう配となり這うように登るのだが、這うように周りの草木をテコに掴もうとすれば「イテぇ~ッ」となる有様。
トゲの多い草木が無数にある。
ここからは、しっかり見極めて登るしかない。

b0078177_21362448.jpg


疲れが出てくると、ワラをもつかみたくなるのが心情。
そして前方に巨大な岩壁が見えてきた。

b0078177_2136725.jpg


そこは、右に巻くように登る。
次に通称「黒岩」が見えてくれば、あとはジグを切るように急登。

b0078177_21364349.jpg


この黒岩が左手下に見えて来た頃、やっと稜線上に躍り出る。
稜線上から見る支笏湖はまた格別。

b0078177_21375018.jpg


すぐに、左手に聳える岩峰に向かうが、ルート取りがイマイチ難しいが何とか回り込む。
最後の岩峰は迷った挙句、素直に岩峰西側基部を大きくトラバース。
結果、夏道に無事出られた。

あとは、道なりに恵庭岳頂上方向に歩き、さながらロッククライミングで最後の砦を攀じって山頂にゴール。
以前来た時とは、まるで山頂の風貌が違っていた。

b0078177_21382847.jpg


あれだけ広かった山頂も、あちこち崩壊が進んでいた。
特に火口側が著しい。

危険につき、山頂には近づかないでください…との意味はこれだったようだ。
今回は、西沢から登ったため、通過せざるを得ない状況だったので、穏便に…ご勘弁を。

b0078177_2139515.jpg


山頂で、記念撮影後いつもの山頂ラーメンを頂き、その後は一目散に夏道を下る。

オコタンペ湖を望む

b0078177_21401666.jpg


山頂直下の夏道

b0078177_21393551.jpg


見晴らし台にて本人何思う。(写真は、Kさんより)

b0078177_2261053.jpg

ポロピナイ登山口に着いて、安堵のため息、そして心地良い疲れが満足感を醸し出していた。

b0078177_21395325.jpg

[PR]

# by kitaironoyama | 2011-09-01 21:45 | 登山 | Trackback | Comments(2)
2011年 08月 29日
アバレ川と三峰山沢右股2連荘、そして富良野・美瑛観光の続き
アバレ川遡行の続きです。

翌日の三峰山沢に備えて寝たはいいが、もう山ではシュラフカバーのみでは少々寒くて眠れない。
思わずインナーシーツをシュラフカバーに潜らせる。
快適とは言わないが、何とか眠れた。
が、夜中に何回小用のために起きたかしれない。
テントから出るたびに何度も空を仰いでは、満点の星空を眺めていた。
明日は晴れるだろうか…。

・・・あたりが明るくなり始めて、テントの外では他の登山者が身支度しているようだ。
我々メンバーもすでに起きている。

簡単に朝食を済ませ、身支度を終えると本日の遡行である三峰山沢へ向かう。

b0078177_06710.jpg


車を某Pへ止めて、三峰山沢取りつきまで林道を歩く。
林道の蕗や灌木の朝露に濡れながら、照りつける朝日を浴びる。

何度か砂防ダムを横切り、最後は砂防ダム左岸側から川底へ降りる。
ここ二股からが遡行開始となる。

向かうは右股方向に見える、九重の滝。
メンバー皆、思わずため息をつく。

「エッ!あれ登るの?」

登れる気がしないとの声が…した。

経験者はどうやら自分だけのようだ。
確か、斜度はあるものの、さほど苦労する滝ではないと記憶する。

ここから、自分が先頭で歩く。
滝下までいくと、さすがに大きい。
ただ気になることがあった。
ここへ来るまでの間、かなり沢が荒れている。
半端な荒れ方ではなかった。
まるで全く渓相が違っていたのには、驚いた。
その先、何事もないことを祈りながら、滝下から見上げる九重の滝の迫力を眺めていた。

b0078177_072345.jpg


TさんとToちゃんは、右岸側を大きく高巻いていった。
残った6名は、直登することになる。
先頭を切って、自分が登り始める。
そんなに滑る岩ではないので、割と簡単に3点確保で登りきる。

そして、残されたメンバーは安全確保のためビレイしながらの登りとなる。
30mザイルでは足りず、スリングを足してビレイとなった。
かなり時間ロスとなったが、とりあえず無事に全員引き上げる。

その後は、右へ左へと蛇行する沢を皆それぞれ楽しみながら、最後の滝である
華雲の滝まで一気に遡行する。

この30m以上ありそうなこの滝は、ほぼ垂直で滑っているので直登は無理。
左岸側から大きく高巻いていく。

b0078177_095760.jpg


その後は、二股を右に左にめまぐるしく地図読みに余念がない。

前方に見えている富良野岳稜線を見上げると、ものすごい傾斜である。

ここからが二番目の核心部、うまくルートを取らないと崖にぶち当たりそう。
だんだん稜線に迫ってくると、傾斜は60度以上となる。
しかも薄い草付きで掴むものが弱々しい草だけとなり、皆悲鳴を上げる。
先頭を往くTさんの見事なルートファインジングで皆を引っ張っていく。
途中、Mさん曰く「Tさんのバカァ~」とか言っていた。
かなり恐怖心煽るきつい傾斜の草付きが辛かったのだろう。
60度も超える斜度は、ほとんど崖とみてもいいくらいだ。

b0078177_0133932.jpg


辛抱して何とか痩せ尾根に取りつくと、ひとまず安どの表情が見え隠れする。
すると、ポツポツと雨が降り出す。
すぐに雨具を着て先に見える山頂目指して急ぐ。
案の定、山頂直下の夏道に出るころには、土砂降りの雨となった。
全員、誰も居ない山頂に着いてお互いの無事を確認しあいながら祝福の握手を交わす。

雨も降っているので、山頂ラーメンは中止。
すぐに夏道を下って下山する。


標高を下げるごとにだんだん小降りとなり、三峰山沢左股出合いにつくころには、雨も上がった。
ここで、山頂で開店するはずのラーメンタイムをとり、思い思いにくつろぐ、。

b0078177_0121166.jpg

あとは、安政火口を渡って稜雲閣までノンストップで下山。
その後車を回収して、今晩の宿泊先の白銀荘へと向かう。

b0078177_0143012.jpg

今夜もプチ宴会で、疲れた体を癒す。

翌日の沢遡行は、中止・・・。
もったいないということで、「青の池」と「美瑛の美術館」巡りをしながらのんびりと寛いで帰路となる。

その間、白老のSさん、超天然?ぶりな行動に、皆大爆笑だった。           ^
[PR]

# by kitaironoyama | 2011-08-29 00:15 | 登山 | Trackback | Comments(2)
2011年 08月 26日
アバレ川と三峰山沢右股2連荘、そして富良野・美瑛観光
8月19日、美瑛富士登山口Pの奥ゲートから出発。
今日はいつもの山仲間8名でのアバレ川遡行だ。
本当は、クワゥンナイ川遡行の予定だったが、2日目が微妙な天候を考慮して
急きょこちらの沢に予定変更。
最近ゲリラ豪雨が多いので、結果オーライとした。

今日の沢は、名前からしてどんな沢なんだろうと思っていたが、
なるほどその名の由来がわかるような気がする沢だった。

b0078177_7161817.jpg


増水すれば、跳ね馬のように暴れたら手の付けようが無いくらい、
うねる様な蛇行した沢だ。

b0078177_716449.jpg


でも、面白い沢には違いない。
へつりあり、直登ありと次から次へと小さいながらも連爆の滝オンパレード。
これでもかっ~と思うほど続くのだ。
F1、F2・・・なんて数えようがないくらい続くのだから。

b0078177_717930.jpg


最後は、落差30mはありそうな「勝英の滝」で終止符を打つ。
ここは右岸側を大きく高巻く。
やがて、視界が開けたころには遠くに美瑛富士、美瑛岳の大きな山容が見え隠れしてきた。
いよいよ夏道縦走路と交わる渡渉地点に近づく。

あったっ!
渡渉地点の道しるべの標識が…。

b0078177_7173779.jpg


ここでしばし、そばと冷麦の昼食タイム。
Iさんの麺屋が「開店」です。
あっという間に全完食。
よほど、お腹が空いていたのだろうか。

あとは、縦走路を下って望岳台へと下山してアバレ川遡行の終了。

b0078177_718365.jpg


その夜は、白銀荘前でキャンプ。
焼肉パーティーで大いに盛り上がり、ハイテンションな宴に大満足。
その後も続くプチ宴会では話が尽きないほどに盛り上がる。

翌日に備え、早々と就寝する人、最後まで飲み続ける人。
皆、それぞれ明日の遡行に期待を胸に…。

さぁ~もう寝よう。

※ 翌日の三峰山沢遡行記は後日アップ。
[PR]

# by kitaironoyama | 2011-08-26 07:20 | 登山 | Trackback | Comments(2)
2011年 08月 22日
斜里岳 二の沢遡行
8月7日(日)
斜里岳二の沢遡行。

前日、Mさんと二人で遥々札幌から斜里に向かった。
今夕、同じ札幌のMoさんと帯広のWaさん、北見のMuさんと清岳荘で待ち合わせ。
その夜は、プチ宴会で盛り上がる。
もちろん、初対面である清岳荘の管理人のMaさんも交えての楽しい夜だった。



翌日、念願の二の沢から斜里岳を目指すことに…。
侮るなかれ、甘くみてはいけないくらい微妙な登りに四苦八苦する。
最初のF1、Mさんがランニングビレイで見事に登りきる。
次に自分だが、悪戦苦闘の末途中つまずいたが、Mさんのビレイで何とか登る。
後続の女性二人は、経験が浅いというのにビレイされているとはいえ、
見事に登り切ってみせた。
実にお見事だった。

その後、次から次へと続く微妙なへつりや登りに緊張の連続である。

最後の詰めは、もろい岩登りとなるが、少し奥を詰めると草付きの灌木を攀じることも可能です。
そこを登り切れば、稜線に取り付ける。
あとは、斜里岳本峰に向かって登きれば、山頂である。
百名山だけあって、山頂には大勢の登山者でいっぱいだった。
その中には、某高校スキー部の合宿に来ていた一人の女の子が
「絶対、一番取るぞぉ~」と大声で叫んでいた。


山頂で記念撮影「山頂直下の2等三角点のある広場」で小休止。
そのあとは、旧道を一目散に駆け下りた。

帰路は、温泉に浸かって、一路まっすぐ札幌に向かうも、斜里は遠かった。


b0078177_20375543.jpg

[PR]

# by kitaironoyama | 2011-08-22 20:30 | 登山 | Trackback | Comments(6)
2011年 07月 11日
5の沢~チロロ岳~曲り沢j縦走遡行
7月10日、北日高のチロロ岳を5の沢から登り、山頂を踏んで2の沢経由で曲り沢を下る縦走遡行をする。

生憎、空模様は雨。
時折、強く降る雨。
とにかく天気は悪い。
カッパを着こんで、登山口を出発。

b0078177_2140425.jpg


林道を少し歩いて、すぐに入渓。

b0078177_21404169.jpg


最初は、何処までも続くゴーロ帯。

b0078177_21411353.jpg


標高もなかなかあげることはできない。
次第に滝が出てくる。

b0078177_2142065.jpg


ゴルジュ風のところもあり、ようやく沢らしい登りになってきた。
ヘツリあり、高巻きあり、直登あり・・・。
なかなかの渓相が面白いように続く。

b0078177_21424774.jpg


やがて、源頭に近づくと雪渓が現れる。

b0078177_21445464.jpg


そのうち、雪渓が途切れると笹の藪となる。
その次は、ハイマツの藪となり、悪戦苦闘の連続だが、
1時間ほど我慢すれば稜線上に這い上がる事ができる。

あとは、稜線上を山頂に向って数分で頂となった。

b0078177_21473678.jpg


軽く行動食を摂り、すぐに下山。
2の沢経由で、曲り沢に取り付いて一路、取水ダムへと下る。

b0078177_21481784.jpg


ところが、以前の曲り沢とは違い、まるで別の沢のような感じ。
全く、違うのだ。
すっかり渓相が変化している。
とても、一般登山者向けではなくなったような気がする。

極めつけは、取水ダムが半壊していたのだ。



その先の、道路も寸断状態。

b0078177_21503641.jpg


最後は、余分な渡渉ありで、歩き始めから下山までおよそ8時間弱かかって全行程を終える。

あとは、いつものように近場の沙流川温泉で汗流して帰路に着いた。
[PR]

# by kitaironoyama | 2011-07-11 21:52 | 登山 | Trackback | Comments(4)
2011年 07月 06日
再び、赤岩へ・・・
漁川遡行翌日、今季3度目の外岩特訓。

最初は、西壁ノーマルルートを攀じる。

b0078177_22302180.jpg

紅一点のMさんが果敢に挑む。

b0078177_6344557.jpg

2ピッチ目を自分が初リードする。

b0078177_22312018.jpg

P級長さんが確保する。

ノーマルルート、全3ピッチで、終了する。

b0078177_2235490.jpg


次は隣りの西壁カンテを攀じる。
[PR]

# by kitaironoyama | 2011-07-06 22:32 | 登山 | Trackback | Comments(0)
2011年 07月 06日
漁川遡行、そして再び漁岳へ
某駐車場で、仲間達と合流。
二台にそれぞれ相乗りして、いざ出陣。
漁川沿い東屋で集結して、遅めのスタートを切る。


b0078177_22185845.jpg



最初は、川原歩きで始まり、数箇所の砂防ダムを越えてさらに奥へと向う。
途中、滑床や滝も出てきて、ホッとする。

今日は天気も良くて、テンション高め。


b0078177_22194115.jpg



やがて、F1に差し掛かると、ど真ん中に大きな丸太が横たわっている。
ココは、左岸側から直登することが可能。
結局3人だけが直登して残りの仲間はザイルで引き上げる。

今日の核心部は、このF1だろう((笑

後日、詳細書き込み予定。
[PR]

# by kitaironoyama | 2011-07-06 22:21 | 登山 | Trackback | Comments(2)
2011年 06月 25日
マジ顔で、しゃべり出す同僚
タイトルどおり、マジメな顔してブツブツとしゃべり出した同僚のお話です。

以前、復興支援の仙台派遣での出来事。
派遣初日に滞在していた被災地そばの清掃工場での話。
まず、その同僚はY氏としておこう。

そのY氏、トイレに大をしに行った時の恐るべし信じがたいお話だ。
まず、Y氏は洋便器に用を足そうとズボンを下げて座った。
ココまでは極当たり前の話。
問題はここからだ。

いきなり、ドアを「ドンドンドン」・・・けたたましく叩かれる音。
Y氏は、驚いてドアを逆にノックして「今入ってまぁ~す。」と叫んだそうだ。

それでも、相変わらず無言でドアを叩き続ける。
ふっと、足元を見ると女性用のサンダルがドアの下から少しだけ見えていたという。

何か非常事態でもあったのかと思い。
用も足さずに、すぐに脱いでいたズボンを履きなおし、鳴り止まないドアを叩く音とともに、
ドアの外に飛び出た。

ところが!すでにその女性と思われる人物は何処にも居なかったそうだ。
しかも、そんな事が、立て続けに二度゙続いたもんだから、Y氏はかなりビビッていたのだ。

あとで聞いた話では、その工場の近くまで200人近くの遺体が津波に流されたそうだ。

きっとその一部の霊が、「津波がくるよ~、早く逃げないと~」とでも言いたかったのだろうか?
それは定かではないが、その霊本人は自分が死んでいる事を自覚していないのかも知れない。

信じるか信じないかは貴方次第ですが・・・。
[PR]

# by kitaironoyama | 2011-06-25 22:09 | 日常 | Trackback | Comments(4)