<   2016年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2016年 05月 02日
中山峠から喜茂別岳~並河岳~中岳~無意根山  往復縦走
2016年 5月1日

中山峠から喜茂別岳~並河岳~中岳~無意根山  

この時期に照準合わせて、単独でスノーシュー往復縦走を決行した。
薄別登山口に下山できれば良かったのだが、デポする手段がなかっただけなのだ。

b0078177_2027887.jpg


中山峠開発局トイレ駐車場横の林道がスタート地点。
時計は7時を指している。
少し遅いスタートである。
季節外れに前日降った雪が足首から、スネ上ほどのラッセルとなった。
果たして、どのくらい時間がかかるか未知数。

b0078177_20273954.jpg


とにかく、約4キロ先にある電波塔まで緩やかな起伏の林道を歩く。

b0078177_20281912.jpg


ここから先が本格的な山道になる。
森林の中を縫うようにまだ見えぬ喜茂別岳を目指す。

b0078177_20284280.jpg


途中、右手方向に並河岳~中岳~無意根山が見えてくる。

b0078177_2029073.jpg


歩き始めて2時間50分弱で、ハイマツが顔を出した喜茂別岳の到着。

ここからは、目指す無意根山が並河岳~中岳を挟んで遥か遠くに見えている。

b0078177_20292470.jpg


いよいよ、大縦走の始まり。
時間通りに歩けるか心配だったが果たして・・・

b0078177_20302957.jpg

b0078177_20313855.jpg


まずは並河岳までのコルへ一気に下り、登り返して並河岳へ。

b0078177_20324830.jpg


ここからさらに中岳までのコルへ一気に下り、長い登り返しで岩塔の砦のような迫力ある中岳へ。
この岩塔の上で、シャリばてにならぬように15分ほどの時間で昼食を摂る。

まだ先が長い・・・往復だからまだ半分も消化していないのだ。

b0078177_20332496.jpg


この縦走最大の標高差の登り返しに息を切らしながら無意根山へ一気に登りきる。

b0078177_2034173.jpg


丁度13時頃に無事辿り着く。

b0078177_20345754.jpg

b0078177_20354419.jpg

b0078177_20362869.jpg


長居はできない・・・
風景を一気に撮りまくり、山頂を後にした。

これからが正念場・・・

b0078177_203774.jpg

b0078177_2037554.jpg


振り向きざまに無意根山を見上げる
また同じく来た道を登り返しながらの往路を辿る。

これがかなりしんどいのだ。

殆ど休まず、喜茂別岳を目指すも、疲労困憊で歩きが鈍くなり始める。
なんとか最後の砦、喜茂別岳に着く。
振り返れば、あの無意根山が遥か遠くに見えていた。
感慨深いものがある・・・

b0078177_20391425.jpg


小休止も入れずに歩いた結果であるが、もうすでに15時を回っていた。
とにかく、電波塔のある林道まで一気に駆け下りないと日が暮れる。

下山の途中の急斜面は、尻ボーで一気に時間を稼ぎ、何とか電波塔のある林道終点にたどり着く。
ここからは忠実に林道を歩いて行くのだが、わずか4キロほどの歩きがもの凄く長く感じられた。
疲れもピーク、へとへとになりながら、無事17時30分、開発局駐車場に着いた。
総行程約10時間30分の長い一日が終わったのだ・・・

実は、4月初めに左足首捻挫と脱臼しかかった膝のケガで、約1か月間
山を歩いていなかった。

無謀だが、いきなりこのロングコースを果たして歩き通せるか一番の心配事だった・・・
とりあえず痛みはあるが、何とか最後まで歩き通せたことが何よりの復調と思いたい。
[PR]

by kitaironoyama | 2016-05-02 19:26 | 登山 | Trackback | Comments(2)
2016年 05月 02日
ケマフレ~雄冬山
2016年3月26日

雄冬山は記憶にあるだけで、5回は登っている。
但し、今回はケマフレ集落跡地からダイレクトに雄冬山を目指す。
このルート、今回が初めてだ。
山スキーをやめて、スノーシューで歩く

b0078177_1922084.jpg


ケマフレ集落跡地を出発するのだが、すぐに一つだけのお墓がある。
何とも不思議な場所だ。

b0078177_1933646.jpg


そこを通り過ぎて、しばらく鬱蒼とした森の中を歩き、地形的にはかなり入りこんだ沢地形だ。
地形図とにらめっこしながら、方向を見定める。

b0078177_1943268.jpg


開けて大きな沢地形に出ると、あとは稜線まで一気に登る。

b0078177_195336.jpg


だんだん傾斜がきつくなると、雪崩斜面の急登。

b0078177_196349.jpg


慎重に且つ、だましだましの登行を余儀なくされる。

b0078177_1971459.jpg


登り切れば、広大な雪原となり、目指す雄冬山はまだ視界に入らない。

b0078177_1981478.jpg


遥か遠くに浜益御殿、浜益岳、群別岳が見えてきた。

b0078177_1991631.jpg


ただひたすら、雪原を歩き少しずつ高度を上げると前方に端正なピラミダルな雄冬山が見えてくる。

b0078177_1910389.jpg


ここからは、だんだん急峻な登りとなり、細尾根を慎重に登る。

b0078177_19113090.jpg


やがて、傾斜が緩くなる頃、広大な丘のような雄冬山に立つことできる。
山頂からの景色は、まさに広大な暑寒別の山々の大パノラマの展望台でした。

b0078177_19165123.jpg


下山は、雪崩斜面を避けて、違う尾根から一気に下山した。
[PR]

by kitaironoyama | 2016-05-02 19:20 | 登山 | Trackback | Comments(0)