<   2011年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2011年 06月 25日
マジ顔で、しゃべり出す同僚
タイトルどおり、マジメな顔してブツブツとしゃべり出した同僚のお話です。

以前、復興支援の仙台派遣での出来事。
派遣初日に滞在していた被災地そばの清掃工場での話。
まず、その同僚はY氏としておこう。

そのY氏、トイレに大をしに行った時の恐るべし信じがたいお話だ。
まず、Y氏は洋便器に用を足そうとズボンを下げて座った。
ココまでは極当たり前の話。
問題はここからだ。

いきなり、ドアを「ドンドンドン」・・・けたたましく叩かれる音。
Y氏は、驚いてドアを逆にノックして「今入ってまぁ~す。」と叫んだそうだ。

それでも、相変わらず無言でドアを叩き続ける。
ふっと、足元を見ると女性用のサンダルがドアの下から少しだけ見えていたという。

何か非常事態でもあったのかと思い。
用も足さずに、すぐに脱いでいたズボンを履きなおし、鳴り止まないドアを叩く音とともに、
ドアの外に飛び出た。

ところが!すでにその女性と思われる人物は何処にも居なかったそうだ。
しかも、そんな事が、立て続けに二度゙続いたもんだから、Y氏はかなりビビッていたのだ。

あとで聞いた話では、その工場の近くまで200人近くの遺体が津波に流されたそうだ。

きっとその一部の霊が、「津波がくるよ~、早く逃げないと~」とでも言いたかったのだろうか?
それは定かではないが、その霊本人は自分が死んでいる事を自覚していないのかも知れない。

信じるか信じないかは貴方次第ですが・・・。
[PR]

by kitaironoyama | 2011-06-25 22:09 | 日常 | Trackback | Comments(4)
2011年 06月 19日
旭川神居 オロエン川遡行~林道下山
6月18日(土) 

札幌組・小樽組・北見組総勢11人の仲間とオロエン川を遡行してきた。

明日19日で、復興財源確保等で高速道路無料化が廃止になるので少し遠出してみた。
あちらこちらから集結した車4台でオロウェン橋を渡り、奥の空き地に車を留め置きする。
そのうち、下山用の3台は林道ゲートに留め置きする。

b0078177_2044307.jpg


9時30分、出発。

b0078177_20453184.jpg


右手川原に砂防ダムを見ながら進んで、沢に入渓。

見た目、只の川原で、なんの変哲も無い。

b0078177_2046024.jpg


すぐに二段砂防ダムが見え、そこは右岸側から越えていけば問題はなし。
果たしてこのままブタ沢で終わるのではとヤキモキする。

空を見上げると、今にも泣き出しそうな厚い雲に覆われているが、雨はまだ降ってない。
さらに先へと進む。

やがて苔むした岩や石が目に付いてくる。
やっと沢らしい雰囲気が始まった。

b0078177_2047549.jpg


小滝も適度に現れて、遡行意欲も沸いてくる。

b0078177_20484725.jpg


滑っぽい小滝を相手に果敢に攻めるTさん。
滑る滑るっぅ~」・・・

b0078177_20481333.jpg


随所に深い釜が現れ、遡行意欲がようやく沸いてくる。
果敢にその釜を泳いで渡る場面も見られるが、大半は左岸沿い高巻く。
唯一北見のKさんだけ、胸まで浸かって果敢に函を攻めるが、最後の取り付きが登れず戻ってくる。

b0078177_20495568.jpg


次に落差こそ3mほどの滝に手こずるが、男4人と女1人挑戦して男4人が登りきる。
手足の長さにハンデがある女性は、ちょっときついものがある。

b0078177_20503234.jpg


果敢に攻める北見のY子さん。

b0078177_2171876.jpg


そしてこの沢唯一の大滝は、落差30mはあろうかと思われる二段滝で、上部で左に折れている。
なかなかどうして、迫力ある滝だった。

b0078177_20551035.jpg


ここは無理せず、左岸側の高巻きを得て、滝上へ這い上がる。

やがて、二股分岐に出て右股を往く。
この頃から雨が強く降りだし、合羽を着込む。

b0078177_2053446.jpg


その後、水流が細くなる頃、右手に林道下の土管が見えてきた。
ココが最後の難関?

b0078177_20533457.jpg


・・・な訳は無く、とりあえず土管のトンネルを潜り進んで、トンネル抜ければ林道に出る。
ここが実質上、遡行終了点となる。

b0078177_2054660.jpg


あとは、林道を下って車デポ地点まで戻って本日の沢遡行終了。

標高差もないこの沢、当初予想していたよりかなり面白かった。
ヘツリありゴルジュありと練習にはもってこいの沢だ。
しかも、直登できなくてもしっかり巻き道もあるので安心していられることだろう。

帰路は、温泉に寄って真っ直ぐ帰札しておしまい。
[PR]

by kitaironoyama | 2011-06-19 21:08 | 登山 | Trackback | Comments(4)
2011年 06月 13日
空沼 湯ノ沢遡行~万計山荘~夏道下山
昨日、Yaちゃん、Maさん、Mo子ちゃん、Taちゃん、Ibさん、Tiさん合わせて総勢7名で
空沼の湯ノ沢を遡行してきた。



湯の沢橋で、出だしから変な家族に出会った。
湯の沢橋には車が何台も止まっていて、子供までいた。
エッ!子供まで湯の沢を遡行?
どうやら空沼の登山口を間違えたらしい。
まさか子供まで沢に行くはずないと思っていたしね。

b0078177_2032084.jpg


はじめは林道歩きだが、皆おしゃべりに夢中。
ついに入渓箇所を通り過ぎてしまったようだ。

b0078177_20323347.jpg


そこは、皆さんベテランなので傾斜地をドンドン下って湯の沢に入渓。

b0078177_2033150.jpg


湯の沢は案の定、雪解けで水量が多かった。
でも、水はそれほど冷たくはなく遡行に支障は全くなかった。
沢の岩や石が白く覆われている。
温泉成分の石灰のような白さだ。
湯の沢の由来はそこにあるのかと思うが、定かではない。
時々巻き道を歩くと、途中で熊の足跡があった。
そこからは、盛んに笛を鳴らし続けて先を往く。

b0078177_20333357.jpg


やがて、小滝が出始める頃からは水がだんだん冷たくなる。

紅一点のMo子が果敢に滝登りに挑んでいる。
沢が大好きという彼女の言葉通り、楽しそうな表情がまた印象的だった。
やっぱり、好きなんだなぁ~と。
その彼女のお師匠さまであるMaさんもまた、沢がやっぱり好きなんだなぁ~と言っていた。

b0078177_20345753.jpg


b0078177_20351862.jpg


b0078177_20342930.jpg



そして、ミニゴルジュも現れた。
極力、水に濡れないように直登。
とは言っても、股下ほどまでは水しぶきがかかるのはいた仕方ない。

b0078177_20382422.jpg


湯の沢唯一の核心部の5m滝は、手掛かりの笹が坊主状態。
Mo子も頑張って登ってくる。

b0078177_2039814.jpg


遡行者がかなり増えたのが原因らしい。

核心部を越えたあとには、この沢最大の大滝が現れる。
見事な水しぶきで、直答は無理と最初から諦めた。

b0078177_2042530.jpg


その後は、大滝の上の流れまで高巻いて登る。

b0078177_210943.jpg


そのうち、あっけなく林道に出くわして、遡行終了となった。
あとは、万計山荘までゆっくりペースで林道を歩く。
途中、ウドを収穫しながら山荘を目指す。
と言っても、収穫していたのは4人だけで、3人はすでに山荘に着いていたらしい。
相変わらず、霧雨が降っているが、どうせ沢屋の格好。
濡れて当たり前、気にもせずに歩けるのが特権だろう。

山荘では、賑やかに静かな音楽が奏でていた。

沼の畔で、ラーメンタイム。
暖かいラーメンは身も心も温めてくれる。
山ならではの光景だが、やっぱり、いいわぁ~。
このひと時がたまらなく嬉しい。

b0078177_20593740.jpg


その後は、一目散で夏道を下山したのは言うまでも無い。
途中、何度も滑っては、転びそうになるが、自分はこらえて手を着いただけで「すってんコロン」は無かった。
だが、皆は自分が転んだもんだとばかりに大笑いに野次が入る。
その後すぐに、Yちゃんがもろに尻餅着いて、皆で大笑い。

何だかんだと言いながらも下山完了。

b0078177_2105576.jpg


登山口の沢で、泥でまみれの沢靴やスパッツなどの足回りを洗い流して綺麗になったところで無事終了。

皆さんお疲れさまでした。
[PR]

by kitaironoyama | 2011-06-13 21:07 | 登山 | Trackback | Comments(6)
2011年 06月 06日
社台滝
以前から目論んでいた、この社台滝。
当時、同行者も居なかったので単独で行こうと決めていた。
ところが、つい最近だ。
いつも同行させていただいているメンバーから、「行かないかい?」と
お誘いが来た。
即答で「行くぅ~」と返事した。

でっ、昨日行ってきました。

詳細は後日という事で。



当日の朝、目が覚めるとカーテン越しの窓は、薄明かりが差し込んでいた。
エッ!???
ヤバイ!???
しまったぁ~!?
寝坊しちまったかぁ~!?・・・

すかさず、枕元の時計を覗き込むとまだ3時半過ぎだった。
ん?
時計が止まってんじゃない?
間違いなく動いていた。
あぁ~良かった・・・と安堵の溜め息。
もう一眠りといきたいところだが、二度寝は起きれないと判断。
少し早いが、身支度を済ませ軽く朝食。
これまた早いが、早速車に乗って「レッツゴ~」。
7時待ち合わせの某駐車場に6時半頃に着いた。
と思いきや、すでに数人来ていた。
恐るべし山屋たち。

今日同行するメンバーは、女性3名含めて総勢9名だ。

早速、出発???
ん?
一人足りない?
誰?
なんと、某駐車場に一番近くに住んでいるSさんだった。
こういうケースって、けっこうある話だよなぁ~。
でも、まだ7時じゃないから遅刻ではないよなぁ~((笑

その後9名の精鋭たちが揃ったところで、ピックアップ車2台に分乗していざ出陣。
向かうは、社台牧場手前の神社をインクラの滝看板で右折
ここからインクラまで10キロの林道走行して終点、
さらに10キロ奥に入って路肩に駐車。
林道はかなり荒れて最終地点手前では土砂崩れと道路崩壊が著しい。

b0078177_63721.jpg


早速、林道から沢に入渓。
最初は、大きな河原沿いを歩く。

b0078177_6375820.jpg


何度か砂防ダムを通過。
巻道を使ったり、河原を歩いたりしながら歩く。
やがて左手に大きな函状の壁が見えてくる。

b0078177_6383256.jpg


縦に線を引いたような真っ直ぐの柱状節理だ。
見事としか言えないほど、綺麗だった。

b0078177_639975.jpg


その先をさらに奥へと歩けば、苔むした巨大な岩が沢を覆うようにゴロゴロと居座っている。

b0078177_6394981.jpg


やがて沢が開けてくる頃、遠くになにやら大きな滝が見え隠れしている。
「社台の滝だぁ~」と皆叫ぶ。

あともう少し、躍る心を抑えながら歩く。
だんだんと巨岩がさらに大きくなっていくではないか。

それでもみんな、それぞれのスタンスに合わせて右往左往と巨岩を縫うように登っていく。
果敢に挑むその姿はとても素敵で勇ましい。

いきなり眼前に立ちはだかる巨大な滝。

b0078177_659797.jpg


わぁ~社台の滝だぁ~」と皆感嘆の溜め息。
垂直に落ち込む滑のようなこの滝。
これが「悪魔が囁く社台滝」だ。

b0078177_6403129.jpg


まるで大きくあんぐりと開いた口、その上には目のような穴。
見方によっては、まさに悪魔と言わんばかりの形相。



そして、ムンクの叫びにも見えてしまうのは自分だけか。
でもよく見ると、なんとも優しげで柔らかな面立ちにも見える。
悪魔だなんて誰が呼んだのだろう。

記念写真を収めたあと、下山にとりかかる。

もう二度と来る事はないだろうこの社台滝。
何度も振り返っては、盛んにシャッターを押し続けていた。
「悪魔君さようなら~」とでも言うように…。


追記・・・お昼は川原で、Iさんのお店「釜揚げ蕎麦・うどん屋」開店した。
豪華採れたてのタケノコ入りは絶品。
とても美味しくいただきました~ありがとう。

そして仲間の和気あいあいとした楽しいひと時に感謝。
9人の精鋭たちの皆さんお世話になりました。
本当にありがとう。
また、機会がありましたら何処かへ行きましょう。
[PR]

by kitaironoyama | 2011-06-06 06:59 | 登山 | Trackback | Comments(4)
2011年 06月 04日
2週連続の赤岩
5月27日、2週連続で、Saさんと二人だけで小樽赤岩へ。

何処の岩も山岳会らしき人たちで、賑わっている。
とりあえず、最初に中チムニー岩をマルチピッチで登る。
ここは1ピッチで登りきれる岩だ。
もちろんお初のコースだ。

b0078177_16173210.jpg


今日はあくまでも、アルパインの練習。
リードの心構え、ビレイ・確保などなど。

b0078177_16182775.jpg


次の岩は、なんと言う岩か忘れてしまった。
取り付きは、ハング気味の細いクラックで、宙にぶらさがるように登る。

b0078177_16191145.jpg


登りきれば、バンド気味の足場に到着。
2ピッチ目からは、スラブ状のやや斜度が緩い岩だ。
とは言うものの、角度にして70度はあるかもしれない。
最後の3ピッチは、途中ハングになっているところを通過。
何とか無事に到着。

b0078177_16204359.jpg


b0078177_16213127.jpg


下りは、懸垂下降で一気に底まで降りる。

b0078177_1622164.jpg


まだまだ覚えることが山ほどある。
Saさん、今日も1日ありがとうございました。
懲りずにまたお願いいたします。
[PR]

by kitaironoyama | 2011-06-04 16:28 | 登山 | Trackback | Comments(0)