<   2011年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2011年 04月 26日
東日本大震災 in 仙台派遣
2011年4月13日~21日(移動日含む)
仙台の被災地若林区と宮城野区へ派遣される。
交通手段は、行きはフェリー。
全道各地から派遣される消防隊も被災地に向うらしい。

b0078177_252120.jpg


仙台港に着くや、いきなりこの状況。

b0078177_272195.jpg

b0078177_281159.jpg


コンテナは散乱、大型タンカーは陸に乗り上げていた。

津波による被害が大きかった若林区と宮城野区は、家も車も木々も根こそぎ流されている。

b0078177_210970.jpg

b0078177_211652.jpg


辛うじて残っている家でも、1階部分は全滅。
殆どの家屋は、消失。

広大な田畑には、ガレキや車、もぎ取られた大量の木々で散乱。
電柱は、根元から折れて倒壊。
道路はあちこちで陥没。
まるでこの世のものとは思えない地獄の様相。
見るからに悲惨な状況だった。

b0078177_2125259.jpg

b0078177_216376.jpg


神がかり的なものも垣間見る。
祠の周囲は根こそぎ流されていたにもかかわらず、
なんとこれだけの津波に耐えた祠があったのだ。
まさに神がかりとしか思えない。

b0078177_2155979.jpg


被災者ではない自分ですら、この状況を見るや否や、何故か目に涙が・・・
それだけに被災された人たちを思うとやりきれない思いだ。

その中で、必死になって遭難者を探している自衛隊や消防レスキュー隊、そして警察管たち。
身体を酷使しながらの作業に頭の下がる思いだった。

その陰で、黙々と被災者宅の清掃作業に徹しているボランティアの人たち。
懸命の作業にまたも頭が下がる。

我々は、いったい何をすべきか・・・
被災地の辛うじて全壊を免れた家屋の中の残骸を外へ運び出し、それをプレス収集車に積み込む。
そして、道路脇に大量に積み上げられた家財道具のガレキの山も積み込む。
水分を含んだ大量の畳はハンパな重さではない。
不燃物と可燃物をより分けながらの作業が延々と続く。

しばらくは、このような作業。

後に、大型ダンプ車にもコンクリート・屋根瓦・ブロック塀などのガレキ類を積み込み埋立地へと搬送。
そういった繰り返しの作業も続いた。

やがて、一週間が経ち、次の班の交代となり、作業の引継ぎを行う。
その後、自分達の班は一時帰還することになる。

b0078177_2172429.jpg

b0078177_218593.jpg


帰路は、山形空港から新千歳に向かい家路に着いた。

だが、その後一週間後には再び仙台へ派遣される事になっている。
仕事の一環とは言え、とにかく少しでも復興の手助けになれればとの思いで作業に専念しようと思う。
[PR]

by kitaironoyama | 2011-04-26 02:21 | 日常 | Trackback | Comments(4)
2011年 04月 12日
被災地災害復興へ
この旅、一定期間の予定で仙台に被災地復興作業に派遣されることになりました。

多分GW過ぎに帰還予定です。

とにかく少しでも早く復興されるように頑張って作業していこうと思います。

しばらくの間、ご無沙汰になりますが、よろしくお願いします。

                             宮王。

b0078177_2112533.gif

[PR]

by kitaironoyama | 2011-04-12 21:14 | 日常 | Trackback | Comments(4)