<   2009年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2009年 11月 30日
冬山準備・・・
疎かにしがちなブログ・・・
たまには書こうかな。

b0078177_1734890.jpg


先週、土日に小樽朝里の屏風岳と朝里岳に行って来た。
下界ではまだ積雪は無いが、流石に山は白銀の世界だった
土曜日は、6名のHYML仲間と屏風岳をツボ(長靴)で往復約5時間弱?歩いた。
朝里トンネル朝里側の駐車帯からの出発だが、すでに30センチの積雪だった。
早速、峠の旧道ゲートから歩き、途中林道に入る。

膝までの積雪で、ラッセルは続く。
先頭を歩くのはキツイ。
時々代わる代わる交代で先頭を歩く。
屏風岳の最後の取り付きは、自分が藪の中をラッセルしながら漕いで歩く。
皆、何とか無事に到着。
でも、途中でルートを間違えたらしい。
どうやら遠回りしていたのだった。
でも、それはそれで楽しかったので良しとするかな。
帰路は、途中からルートを外して藪の急斜面を利用して短縮下山をする。
積雪期だからできる術だ。
夏なら躊躇するほどの藪なのだろう。


b0078177_17343414.jpg


翌日は、同じくHYML仲間6名と札幌国際スキー場下からゲレンデ伝いにテクテクと我慢しながら歩く。
横目では、気持ち良さそうに一般スキーヤーやボーダーが滑っている。
ゲレンデでは、当たり前な光景。
逆に、我々山スキーでゲレンデを歩いている方が変に見られているのではないかなぁ~。
「変な奴ら」とでも言いたげな眼差しかも・・・

それはそれとして、汗だくになりながらゴンドラ山頂駅まで歩く。
ここから先は、山スキーヤーの領域。
新雪をラッセルしながら、目指す朝里岳
白銀の世界は、別世界。
陽にて照らされて煌く綺麗な樹氷・・・
モンスター化しつつある木々・・・
雪面を彩るシュカブラ。
あ~、なんて無垢な世界なんだろう。

でも、天候が悪化すれば、たちまち地獄の様相になるのが冬山の恐ろしさ。
けして油断してはいけない。

やがて、真っ平らな山頂に着く。
あとは、ここから国際スキー場に向って滑りまくるだけなのだが、
滑りに自信のない自分はへっぴり腰で何とかゲレンデに辿り付く。
そこからは、整備されたゲレンデを気持ちよく滑り降りる。
あ~、それにしても久々の山スキーは楽しかった。
今度はいつ行こうかな~。。
[PR]

by kitaironoyama | 2009-11-30 17:39 | 登山 | Trackback | Comments(4)
2009年 11月 13日
フリークライミングな夜
先日、仕事帰りに友人と待ち合わせ、初めてMウォールに行ってきた。
Mウォール?って何?
そう、個人宅に設置されたクライミング・ウォールの事だ。

20代の頃、遊び程度にかじった事が少し記憶にある。
ホントに遊び程度だった。

このMウォールは、個人宅とは言え本格的な施設を備えているのに
驚きだった。

まさかこんな歳になって、フリークライミングする事など
思ってもみなかった。

実際にやってみると、これがなかなか面白い。
思うように登れないと何度でも挑戦したくなるのだ。

あ~っ!ハマリそう・・・
これから冬にかけて、運動不足解消になりそう・・・
そんなフリークライミングな夜だった。


b0078177_6162955.jpg

[PR]

by kitaironoyama | 2009-11-13 06:24 | スポーツ | Trackback | Comments(2)
2009年 11月 07日
いつもの事ながら・・・
いつもながら、滞るこのブログ・・・
たまには、更新しようかな。

先月の10月半ばに、羊蹄山の展望台として知られている山
尻別岳登山道の廃道化しつつあった喜茂別コースを
HYML仲間30数人で、登山道整備の一環として、笹刈りをした。
これは、あくまでもボランティアである。

果たして、笹刈りをする事が本当に良い事なのかは、別問題・・・
一般人から見れば、単なる自然破壊、或いは余計なお節介なのかも知れない。
まぁ~意見は分かれるところだろうが、皆さんはどうお考えなのだろう。

b0078177_153720100.jpg


山頂から望む羊蹄山は迫力そのものだ。

b0078177_15383246.jpg


整備後の山頂では、皆それぞれ思い思いに昼食をとる。
至福のひと時とは、このことかもなぁ~

「う~ん、なんだかなぁ~」・・・
[PR]

by kitaironoyama | 2009-11-07 15:39 | 登山 | Trackback | Comments(0)