<   2007年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2007年 06月 02日
山登りを兼ねて・・・
昨日のタケノコ狩に続き、今日はギョウジャニンニクとウド狩に出かけた。

早朝3時に起床し、身支度して3時半に家を出る。
まだ明けきらぬ肌寒い朝・・・
車を走らせること十数分、やがて太陽が地平線の彼方から昇り始める

b0078177_18104217.jpg


早朝の物静かな風景がたまらなく好きだ。

のんびり浸っている訳にはいかない。
すぐに目的の山の登山口に向かい、車を走らせること1時間弱・・・
いつもの登山口に一番乗りで到着する。

b0078177_18105950.jpg


すぐに登山届けを記入して小屋のポストに投函。
腕時計の針は、午前5時を指している。
足早に歩き始めるといきなり川の渡渉があるが難なく渡り終える。
この後も、計3箇所の渡渉があるのだけど増水しなければ簡単に飛び石伝いに渡ることができます。
しばらく歩くと道端に「ウドの群生」が手招きをしているかのようにひっそり立っている。
やや小ぶりだが、太いのだけを拝借した。

b0078177_18112454.jpg


その後も林道をひたすら歩き続けると、所々にウドが手招きしていた。
型のいいものだけ吟味して、採りながら歩き続ける。
道端にあるものや、崖斜面にあるものなど様々・・・
崖にはかなり粒ぞろいのウドが林立している。
きっと採りにくいので他の登山者は登らないのだろうか・・・
でも私は、我慢ができずに登って採り続ける((笑
かなりの収穫量だ。
肝心のギョウジャニンニクは、山頂付近にある。
ウドを背負っていくには重すぎる。
・・・いつもの手でいくかな((笑
所々に目印になる所に、ウドを隠すのです。
ただし、場所をしっかり覚えていないと後悔しますが・・・

とにかく先は長いので急ぎ足で登り続ける。
やがて林道から山道に変わる頃、「オオバキスミレ」の群落に目を奪われる。

b0078177_18114989.jpg


そして今度は、花期を過ぎた「カタクリ」がひっそりと出迎えてくれる。

b0078177_1812179.jpg


周りの木々からは、小鳥のさえずりが森の中を木霊する。
時々カッコウの鳴き声も聞こえてくる。
アカゲラの姿もチラホラと見かける。
時折、巨木が私に何かを問いかけてくるような錯覚を覚えながら、ただひたすら登り続ける。

b0078177_18131722.jpg


やがて尾根道に出ると後方には雲海が見えてきた。
先ほどまでは、ややガスっていたのだ・・・

b0078177_18133719.jpg


そして、道の脇にはタカネザクラの一種「チシマザクラ」が可憐に咲いていた。
この時期に桜を見るのは久しぶりだった。

b0078177_18141230.jpg


登山口登り始めて約2時間、山頂付近に着く。
この辺り一面「ギョウジャニンニクの群生地
あるある一面にびっしりと・・・

b0078177_18143172.jpg


このニンニクもやはり型のいいものだけを吟味して荒れないように採らせていただいた。

何とかニンニクも収穫できたとして、すぐにウドを求めて下山開始・・・
道中、まだ型のいいウドがないか調査?しながら足早に下山する。
時折、オオタチツボスミレを見ることができるのが嬉しい。
そして、「ムラサキヤシオ」の花がまだ咲いていた。

b0078177_18145225.jpg


大亀の木の花も珍しく見かけることができた。
やがて沢伝いの道端に出ると、大きなウドが沢の崖下付近に群生していた。
崖下の沢底まで約20mくらいありそうだ。
ついついいつもの調子で用意していたザイルを木に縛り付けて、難なく採ることができた。
いつものことだが、気を抜けないので慎重に・・・
それにしても、ザックに入りきれなくなったウドを両手で抱えながら登山口に向かう。
もちろん、隠していたウドも回収しながら・・・
そして時折、沢伝いに「エゾノリュウキンカ」も見かけることができるので、重いウドも心なしか軽く感じて歩くことができたように思う。

b0078177_18154898.jpg


そして約1時間弱で、登山口に無事に着く。
下山中、ずっとまとわり続けたヤブ蚊の大群やブヨは最後までついて来た。
「う~ん、なんだかなぁ~」
その後、帰路に着くことになるが仕込みにまた時間がかかりそう・・・

今度は、秋のキノコ狩が待っていると思う・・・
[PR]

by kitaironoyama | 2007-06-02 18:19 | 登山 | Trackback | Comments(15)
2007年 06月 01日
再度タケノコ山へ・・・
先週のリベンジと言うことで、懲りずに再度タケノコ狩に行ってきました。

早朝1時出発して、現地に3時半に到着。
って言うか、夜中に出発なんだけども・・・
疲れるといけないので、とにかく前夜早めに就寝するはずだったのだが、何だかんだで寝付いたのは夜中の11時。

起きたのが、12時・・・う~ん、1時間。。
これって寝たうちに入るんだべか((笑
かえって眠いわ。。

さぁ~現地に戻りましょう((笑
と言うことで、まだ薄暗い森の中を3時40分に車から離れる。
そして目的の場所へは山道を歩くこと15分弱で着くが、辺りはまだ暗い。
これじゃあ~タケノコも見えやしないっす!

明るくなるのをただ待っていても仕方ない・・・惰性で笹薮に潜り込む
でも肝心のタケノコ君は、何処へやら((笑
それでも目を凝らすと見える見える。。
まるで夜光のように?・・・なんて見えるはずないべさ((爆
何だかんだブツブツ言いながらも、辺りは明るくなってきた。
いよいよ本格的に狩が始まる。

ところで天気はと言うと、霧雨状態。

霧雨の森に木霊する小鳥のさえずりって、ホント幻想的だった・・・

熊でも歩いていたら、もっと絵になったかな((笑
とんでもない、それだけはご勘弁を・・・


肝心のタケノコ君と言うと大きさにバラつきはあるものの、まぁまぁの収穫だった。
ザックいっぱいに詰め込んで、終了。

それにしても、中腰での藪こぎってかなり疲れるっす!
竹の跳ね返りがモロに顔面直撃も数回、痛っ~!
これだから止められないのかなぁ~((猛爆



b0078177_17293097.jpg


また来年も、多分?行くことになるんだろうなぁ~・・・

さて、このタケノコを貴方ならどうやって調理しますか?
私なら、天ぷら・油炒め・煮しめ・おでん・辛子マヨ和え・焼きタケノコなどなど工夫次第でいただきます・・・

[PR]

by kitaironoyama | 2007-06-01 17:31 | 日常 | Trackback | Comments(4)