カテゴリ:未分類( 6 )

2017年 08月 15日
知床岬トレッキング・・・最果ての地 シリエトクへ
2017年 8月4日(金)~5日(土)

知床岬へ向けて・・・

前日に羅臼のルサフィールドで情報を詳しく調べる。

1日目行程、相泊4:30→観音岩6:30→9:20モイレウシ湾9:45→10:30船泊10:45
→11:30ペキンの鼻10:00→近藤ヶ淵12:30→14:45滝の下番屋15:00→15:20二本滝
(休憩含む)

相泊漁港を出発、石浜と番屋、やがて海岸線を歩く。
番屋では、漁師たちが忙しく動き回っていた。
観音岩の巻道には残置ロープがあるが、 使わないでとのことだが、ロープの具合を確認し、
通過。

しばらく化石浜は石がゴロゴロで、歩きづらい.
タケノコ岩手前の巨岩帯のルートもある。
とにかくアップダウンが激しい。

モイレウシ河口は綺麗な入江となっていて、水も取れそう。
剣岩とメガネ岩は、事前に干潮時に通過できるよう設定、濡れることなく通過することができた。
何箇所かあるへつりはホールドもスタンスも多くしっかりしているので、意外に難しくはない。

ペキン川付近ではサケ釣りを楽しんでいる人が数人いた。

ペキンの鼻の巻道に差し掛かると、ヒグマが立往生。
しばらく待っていると、ヒグマのほうから山へ去っていった。

ヒカリゴケ(食人)事件の舞台ともなったペキンの鼻台地には、鳥居があった。
海岸線には観音様が祀られている。

事前に中潮の干潮時に渡渉ポイントを通過するよう設定したので、
濡れると思われる箇所は近藤ヶ淵だけだが、ほぼ干潮ピーク過ぎの通過でした。
ちなみに男の背丈だと腰くらいまで水没する。
万が一の策として、高巻きルートもあるが、濡れない反面、危険と聞いていた。
唯一、濡れたのはこの近藤ヶ淵のみだった。

滝の下番屋付近でキャンプ予定だったが、立派な番屋に着くも、誰も居ない無人状態。
少し先へ向かい男滝と女滝(二本滝)の中間にある砂場でテント泊。
夕食をしながらの長い夜を過ごし、やがて眠りにつく。


2日目行程、二本滝5:20→5:40念仏岩6:20→6:55兜岩8:00→8:55赤岩浜9:20
→ローソク岩9:40→10:15知床岬灯台10:20→10:35知床岬標識跡10:40
→10:45アブラコ湾11:10→11:40ローソク岩上の台地12:30→13:05赤岩浜13:50→14:30相泊港
(休憩含む)

二本滝を出発して、洞窟のある念仏岩の草付バンドを高巻き、反対側を懸垂下降して下りる。
兜岩は大きく迂回するように結構な高さまで高巻く。
トウゲブキの黄色の花に癒されながら、稜線まで上がる。
ここからは一気に急斜面を下るが、支点となるものが何も無いため、
メンバー8名のうち私が人間支点となり、30mザイルを使って、
残り7名が次から次に懸垂下降していく。
最後は、支点になった私はザイル無しで、両手にバイルで慎重に下っていく。
いざ下ると意外に崖のような斜面だった。
バイルも、あまり効かない柔らかな泥壁に戸惑うも、何とか無事に下へ降りる。
実際、30mよりも50mザイルのほうが良かったのかもしれない。
なぜなら、実際下まで約100m以上あったのだ。
途中からは、足を滑らすように下った。

その後、赤岩番屋に着き、番屋の人のご好意で荷物をデポさせていただき、
サブザックで岬へと向かう。
ローソク岩手前から岬台地へとあがる。
台地上は、一面に広がる花と緑, 遥かな水平線にまるで別世界です。
遠くに岬灯台が見えている。
明瞭な踏み跡はないので、それらしき場所を辿りながら、先を歩く。
国境線なる石標もある。
せっかくなので、灯台まで登る。
ここから望む岬のフィールドは、素晴らしいい景色だ。

そして、突端であるアブラコ湾に向かって歩く。
以前あったであろう、岬の石標識を確認すると、倒れていることが分かった。
そしてアブラコ湾まで下り、休憩のあと、あの大草原の中、後ろ髪惹かれるように
赤岩浜へと戻る。

途中、見晴らしの良い台地上で、一番長い休憩をとる。
皆それぞれに、辛くも長い岬まで道のりを思いふけっているのだろう。
今思えば、私自身も、まるで走馬灯のように時が流れ、想い出となって心に刻まれている。
生涯忘れることのない、深い深い思い出となったと思う。

帰路は日程の関係上、前もって無線連絡して、赤岩浜番屋からチャーターした船を利用した。

今回、リーダーのKO氏、食担のKU氏を始め、素晴らしいメンバーの仲間たちと
同行できたことに感謝いたします。
初っ端から、捻挫で膝を痛め、足を引っ張ってしまい、ご迷惑おかけしました。
ありがとうございました。

今現在は、右膝靱帯炎症の治療に専念して、早く山へ復帰できるようリハビリ中です。

またいつか、行ける日があるのだろうか・・・
いつかその日まで・・・




相泊漁港からカモイウンベ川へ・・・そして、地の果てシリエトクへ
b0078177_7465196.jpg



ゴロタ石の海岸を歩く・・・
b0078177_7471693.jpg



観音岩・・・
b0078177_7473968.jpg



観音岩を高巻く・・・
b0078177_748423.jpg



観音様・・・
b0078177_814921.jpg



観音岩上の観音様・・・
b0078177_8251750.jpg



ヘツリの核心部…
b0078177_748488.jpg


綺麗な釜のよう・・・
b0078177_919468.jpg


まだまだ続くヘツリ・・・
b0078177_749368.jpg



トッカリ瀬・・・
b0078177_8352777.jpg



タケノコ岩・・・
b0078177_750597.jpg



浅瀬のヒトデ・・・
b0078177_93069.jpg


引潮時しか歩けない・・・

b0078177_7504266.jpg


メガネ岩・・・
b0078177_7511398.jpg


微妙なヘツリ・・・
b0078177_7514486.jpg



モウレン湾手前のヒグマの糞・・・肉食気味の糞かな
b0078177_752838.jpg



ペキンの鼻手前・・・中腹にヒグマが…
b0078177_7524559.jpg



ペキンの鼻の稜線上にヒグマ立往生・・・
b0078177_7525931.jpg



ペキンの鼻の観音様・・・
b0078177_7531630.jpg



ペキンの鼻の台地にある鳥居・・・
b0078177_7533251.jpg



近藤ヶ淵のヘツリ・・・唯一腰まで浸かった場所
b0078177_17251258.jpg



男滝・・・
b0078177_754868.jpg



女滝・・・
b0078177_754401.jpg



洞窟のある念仏岩の草付バンド・・・
b0078177_7552149.jpg



念仏岩上部からの懸垂下降・・・
b0078177_7554810.jpg



兜岩への大高巻きの始まり・・・
b0078177_756832.jpg



兜岩台地から見下ろす・・・モイワシャジンの花
b0078177_7563821.jpg



急傾斜下降前に兜岩台地上で休憩・・・
b0078177_757697.jpg



下降してきた兜岩上部を見上げる・・・なかなかの急こう配だった
b0078177_7572496.jpg



お世話になった赤岩浜番屋・・・
b0078177_7574750.jpg



ローソク岩へ・・・つい最近ミンククジラが座標したようだが、すでに骨だけになったようだ
b0078177_7581732.jpg



岬台地から知床岬灯台・・・
b0078177_75838100.jpg



国境標識・・・昭和16年と書いてある
b0078177_759013.jpg



知床岬灯台・・・
b0078177_7591627.jpg



昭和38年とある・・・
b0078177_7593260.jpg




知床岬の標識があったと思われる所に倒れている石標識
b0078177_759515.jpg



使われることのないアブラコ湾・・・かなり寂れていた
b0078177_8079.jpg



大草原の台地・・・
b0078177_802630.jpg



お花畑の草原を歩く・・・
b0078177_804115.jpg



台地から赤岩浜番屋へ・・・後ろ髪惹かれる想い
b0078177_805650.jpg



赤岩浜番屋から振り返ると・・・ヒグマが海岸いた
b0078177_811339.jpg



赤岩浜番屋から乗船・・・
b0078177_9245631.jpg


キャンプ地の二本滝が懐かしい・・・
b0078177_9272759.jpg



相泊漁港へ到着
b0078177_9255734.jpg

[PR]

by kitaironoyama | 2017-08-15 19:43 | Trackback | Comments(2)
2015年 12月 28日
1年間、振り返って…
2015年という1年間を振り返ってみた…
年間通して、山行日数は激減していた。
仕事が忙しいだけではなく、体調もあまり
いいとは言えなかった。
秋には足指骨折も相まって、落ち込みかけていたが、
落ち込んでいる暇も無し…
やれることはやらないと…
先に進まない。
来年こそ、万全の体勢で望みたい❗
今年という1年間、ありがとう❗
あと3日で2015年は幕を閉じる。
皆さん、よいお年を…


[PR]

by kitaironoyama | 2015-12-28 12:30 | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 26日
石狩の浜辺を歩いてみた。
石狩の浜辺を歩いてみた。
冬の浜風は、凍てつくほどに冷たい…
雪はブリザードの如く弾き飛ばされていく。
波もうねりをあげて、波打ち際の砂を浸食させる。
流れついた、流木はまるでオブジェのようだ。
空は紺碧とは程遠い、真っ暗な空…
物思いに更けながら、歩く。
石狩灯台の風下で休憩…
明治25年1月1日…と文言が…
子供ながらに思いをを寄せる。
哀しみも幾年…
そういう映画があったような気がする。
歴史は時間を止められない。
さぁ~家路に着こう。
そして、厳冬期にまた来よう…<
b0078177_23174810.jpg
b0078177_23175593.jpg
b0078177_23180305.jpg
b0078177_23181432.jpg
b0078177_23182361.jpg
b0078177_23183284.jpg
b0078177_23184950.jpg
b0078177_23185920.jpg
b0078177_23191196.jpg
br>

[PR]

by kitaironoyama | 2015-12-26 23:09 | Trackback | Comments(0)
2007年 05月 18日
その後・・・
いつもながら、三日坊主どころかひと月坊主になりかけているこのブログ。。。

「何とかせにゃ~」といつも思っている。

休日になると何故か天気が下り坂・・・
だから心も下り坂((爆

天気が良くなりゃ、すぐにでも山登りに行くのになぁ~
どうにかなんないべか((笑

そろそろ季節は、「山菜シーズン」の幕開けになってきた。
ギョウジャニンニク タケノコ フキ ウド ワラビ などなど
忙しいぃ~。。。

山登りのついでに採らせていただくことも多いので、楽しみ倍増・・・

果たして、収穫はどうでしょう((爆

何故か、画像は羊蹄山と桜・・・
もう桜も散りかけて、今度は八重桜が満開になってきた・・・

b0078177_20373284.jpg

[PR]

by kitaironoyama | 2007-05-18 20:43 | Trackback | Comments(2)
2006年 10月 07日
一日二山ゲット・・・
遅れましたが、先月の23日地元の山を、一日二山を登ってきました。
札幌のシンボル藻岩山と八剣山(別名観音岩山とも言います。)の二つの山です。
実はこの二山、今回初めての登山で、いつでも登れると思いきや全く目を向けずにいました。
どちらも標高は500m前後ということで、かなり楽勝でした((笑
次の画像は、藻岩山からの札幌市街の景色です。
b0078177_2524388.jpg


藻岩山は、慈恵会病院の登山口から登って約50分で山頂に到着。
その後、時間的にかなり余裕があったので、定山渓方面へ向かい急遽八剣山を目指しました。
この八剣山、南口からだと登りは、30分くらいで山頂に着いてしまった。
山頂からの景色は、どちらもなかなか素晴らしかった。
地元の山も捨てたもんじゃないです。
次の画像は、八剣山で遠くにはパークゴルフ場が見えていますね。。
b0078177_253537.jpg


今度は、どこへ行こうか思案中・・・
標高の高い山は、すでに雪の装いです。
また、日高の山にでも行ってみようかな。。
[PR]

by kitaironoyama | 2006-10-07 02:55 | Trackback | Comments(9)
2006年 09月 22日
キノコの山のそのあとは・・・
昨日の21日、夜中の2時に出発して、富良野方面に行ってきました。
何故かって?
上のタイトルにもあるように、落葉キノコ(ハナイグチ)を採りに行ったんです。


毎年恒例になっています。
春は、ギョウジャニンニクから始まって、タケノコ、フキ、タランボ、ウドと。。
そして秋は、ヌルっとした食感がたまらなく美味しい落葉キノコです。
そしてボリボリもあるね。。


いつもの場所で採るのですが、だんだん採れなくなってきました。
どうもカラマツが大きくなると、採れなくなるみたい。
経験からいうと、樹高が2~3mくらいの時が一番採れるようだ。。
何故だろう???


また新しい場所を探しながら、開拓していこうと思っている。。
以前は、沼田と新十津川周辺にも行っていたのだけど、ヒグマに逢ってから行かなくなった。
登山でもよく見るヒグマだけど、山菜採りでは相性がよくないと思うので((爆


ところで収穫というと、どのくらい採れたかって?
よく聞いてくれましたね。。
まぁまぁの収穫でしたよ。
まぁまぁってどのくらいかって???
そこまで聞く?
5キロのみかん箱一つくらいかな((爆
残念ながら、今回は画像がありません・・・あしからず((爆
画像がないのは寂しいので、自宅に帰ってきてからキノコの仕込中に何故か登山靴の手入れをしていました。
ということで、今回の画像は登山靴に決定です。。
理由は聞かないで((猛爆


b0078177_20292282.jpg

このタイプは、ローバー製のゴアテックス仕様です。
特に縦走や、長時間歩きなどに使用しています。
特徴は、ソールの張替えが可能です。
何しろ、2年でソールがつるつるになるのでこのタイプにしています。
皮は、馴染んでくるとホントに使いやすいので、重宝しています。
いまだ、靴擦れもなく長時間歩けます。。



b0078177_20294168.jpg

皮ではないこのタイプ、キャラバン製のゴアテックス仕様です。
2~3時間くらいの登りや、比較的容易な山などに使用。
ソールの張替えは出来ません。
かれこれ5年使用しましたが、もうそろそろ限界です。
来年にも買い替えようか検討中・・・
この靴も履きやすかったんだけどなぁ~((悲。


まだあります・・・
4シーズン用の冬でも履ける登山靴でハンワグ製でゴアテックス仕様です。
皮製のゴッツイかなりしっかりした靴です。
特に厳冬期以外に使用しています。
もちろんソール張替え可能です。

今欲しい靴があります。
プラ製の厳冬期仕様の靴が欲しい。。
でもお高いのです。((涙

あとあるのは、山スキー用のプラ製ブーツで、ソールがゲレンデ用と違って立派な溝つきの靴底です。
足首も、ボタン一つで歩行できっるように曲がります。

まだあった((爆
沢靴で、キャラバン製の靴底がフェルトでできているものです。
これは、つま先や足首が痛くならず、便利な靴です。
フェルトは、沢を歩いていてもなかなか滑りません。
便利このうえないグッズの一つかな。。

そんなところだなや。。((爆
[PR]

by kitaironoyama | 2006-09-22 21:10 | Trackback | Comments(9)