カテゴリ:未分類( 5 )

2015年 12月 28日
1年間、振り返って…
2015年という1年間を振り返ってみた…
年間通して、山行日数は激減していた。
仕事が忙しいだけではなく、体調もあまり
いいとは言えなかった。
秋には足指骨折も相まって、落ち込みかけていたが、
落ち込んでいる暇も無し…
やれることはやらないと…
先に進まない。
来年こそ、万全の体勢で望みたい❗
今年という1年間、ありがとう❗
あと3日で2015年は幕を閉じる。
皆さん、よいお年を…


[PR]

by kitaironoyama | 2015-12-28 12:30 | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 26日
石狩の浜辺を歩いてみた。
石狩の浜辺を歩いてみた。
冬の浜風は、凍てつくほどに冷たい…
雪はブリザードの如く弾き飛ばされていく。
波もうねりをあげて、波打ち際の砂を浸食させる。
流れついた、流木はまるでオブジェのようだ。
空は紺碧とは程遠い、真っ暗な空…
物思いに更けながら、歩く。
石狩灯台の風下で休憩…
明治25年1月1日…と文言が…
子供ながらに思いをを寄せる。
哀しみも幾年…
そういう映画があったような気がする。
歴史は時間を止められない。
さぁ~家路に着こう。
そして、厳冬期にまた来よう…<
b0078177_23174810.jpg
b0078177_23175593.jpg
b0078177_23180305.jpg
b0078177_23181432.jpg
b0078177_23182361.jpg
b0078177_23183284.jpg
b0078177_23184950.jpg
b0078177_23185920.jpg
b0078177_23191196.jpg
br>

[PR]

by kitaironoyama | 2015-12-26 23:09 | Trackback | Comments(0)
2007年 05月 18日
その後・・・
いつもながら、三日坊主どころかひと月坊主になりかけているこのブログ。。。

「何とかせにゃ~」といつも思っている。

休日になると何故か天気が下り坂・・・
だから心も下り坂((爆

天気が良くなりゃ、すぐにでも山登りに行くのになぁ~
どうにかなんないべか((笑

そろそろ季節は、「山菜シーズン」の幕開けになってきた。
ギョウジャニンニク タケノコ フキ ウド ワラビ などなど
忙しいぃ~。。。

山登りのついでに採らせていただくことも多いので、楽しみ倍増・・・

果たして、収穫はどうでしょう((爆

何故か、画像は羊蹄山と桜・・・
もう桜も散りかけて、今度は八重桜が満開になってきた・・・

b0078177_20373284.jpg

[PR]

by kitaironoyama | 2007-05-18 20:43 | Trackback | Comments(2)
2006年 10月 07日
一日二山ゲット・・・
遅れましたが、先月の23日地元の山を、一日二山を登ってきました。
札幌のシンボル藻岩山と八剣山(別名観音岩山とも言います。)の二つの山です。
実はこの二山、今回初めての登山で、いつでも登れると思いきや全く目を向けずにいました。
どちらも標高は500m前後ということで、かなり楽勝でした((笑
次の画像は、藻岩山からの札幌市街の景色です。
b0078177_2524388.jpg


藻岩山は、慈恵会病院の登山口から登って約50分で山頂に到着。
その後、時間的にかなり余裕があったので、定山渓方面へ向かい急遽八剣山を目指しました。
この八剣山、南口からだと登りは、30分くらいで山頂に着いてしまった。
山頂からの景色は、どちらもなかなか素晴らしかった。
地元の山も捨てたもんじゃないです。
次の画像は、八剣山で遠くにはパークゴルフ場が見えていますね。。
b0078177_253537.jpg


今度は、どこへ行こうか思案中・・・
標高の高い山は、すでに雪の装いです。
また、日高の山にでも行ってみようかな。。
[PR]

by kitaironoyama | 2006-10-07 02:55 | Trackback | Comments(9)
2006年 09月 22日
キノコの山のそのあとは・・・
昨日の21日、夜中の2時に出発して、富良野方面に行ってきました。
何故かって?
上のタイトルにもあるように、落葉キノコ(ハナイグチ)を採りに行ったんです。


毎年恒例になっています。
春は、ギョウジャニンニクから始まって、タケノコ、フキ、タランボ、ウドと。。
そして秋は、ヌルっとした食感がたまらなく美味しい落葉キノコです。
そしてボリボリもあるね。。


いつもの場所で採るのですが、だんだん採れなくなってきました。
どうもカラマツが大きくなると、採れなくなるみたい。
経験からいうと、樹高が2~3mくらいの時が一番採れるようだ。。
何故だろう???


また新しい場所を探しながら、開拓していこうと思っている。。
以前は、沼田と新十津川周辺にも行っていたのだけど、ヒグマに逢ってから行かなくなった。
登山でもよく見るヒグマだけど、山菜採りでは相性がよくないと思うので((爆


ところで収穫というと、どのくらい採れたかって?
よく聞いてくれましたね。。
まぁまぁの収穫でしたよ。
まぁまぁってどのくらいかって???
そこまで聞く?
5キロのみかん箱一つくらいかな((爆
残念ながら、今回は画像がありません・・・あしからず((爆
画像がないのは寂しいので、自宅に帰ってきてからキノコの仕込中に何故か登山靴の手入れをしていました。
ということで、今回の画像は登山靴に決定です。。
理由は聞かないで((猛爆


b0078177_20292282.jpg

このタイプは、ローバー製のゴアテックス仕様です。
特に縦走や、長時間歩きなどに使用しています。
特徴は、ソールの張替えが可能です。
何しろ、2年でソールがつるつるになるのでこのタイプにしています。
皮は、馴染んでくるとホントに使いやすいので、重宝しています。
いまだ、靴擦れもなく長時間歩けます。。



b0078177_20294168.jpg

皮ではないこのタイプ、キャラバン製のゴアテックス仕様です。
2~3時間くらいの登りや、比較的容易な山などに使用。
ソールの張替えは出来ません。
かれこれ5年使用しましたが、もうそろそろ限界です。
来年にも買い替えようか検討中・・・
この靴も履きやすかったんだけどなぁ~((悲。


まだあります・・・
4シーズン用の冬でも履ける登山靴でハンワグ製でゴアテックス仕様です。
皮製のゴッツイかなりしっかりした靴です。
特に厳冬期以外に使用しています。
もちろんソール張替え可能です。

今欲しい靴があります。
プラ製の厳冬期仕様の靴が欲しい。。
でもお高いのです。((涙

あとあるのは、山スキー用のプラ製ブーツで、ソールがゲレンデ用と違って立派な溝つきの靴底です。
足首も、ボタン一つで歩行できっるように曲がります。

まだあった((爆
沢靴で、キャラバン製の靴底がフェルトでできているものです。
これは、つま先や足首が痛くならず、便利な靴です。
フェルトは、沢を歩いていてもなかなか滑りません。
便利このうえないグッズの一つかな。。

そんなところだなや。。((爆
[PR]

by kitaironoyama | 2006-09-22 21:10 | Trackback | Comments(9)