2006年 07月 25日
雨にも負けずに山登り・・・
先日22日の土曜日、昼から家を出て北見峠の向こうにある「道の駅・白滝」で車中泊し。
翌日、大雪山の展望台と言われる北大雪の平山~比麻奈山~比麻良山の3山の日帰り往復縦走登山してきました。

b0078177_2137144.jpg



出発したその日、夕方4時に白滝の道の駅に着いた。
でも生憎、霧混じりの雨が降り続いていている・・・何とも言えない複雑な気分でハイにはなれなかった。
果たして、「明日は雨が上がるのだろうか・・・」って思いながら、誰も居ない道の駅の駐車場で一晩過ごす事に。
久々の車中泊・・・何故か嬉しいような、そして寂しいような。
本当は、寂しいに決まっているのに、強がりを言っている自分が今ここにいる・・・

単独での登山、本当は寂しくて恐いはずなのに、いつの間にか登っている自分がやっぱりここにいる・・・
素直に寂しいとか、恐いとかって思えばいいものを・・・
っと思いながら、夜明けを迎える。
あまり寝付けなかった・・・

外はまだ、霧雨が降っている・・・
でも何とか止む事を期待しながら、平山登山口に向かう。
すでに先客が数グループ居た。
自分も早速登山スタイルに着替えて、遅めの9時にいざ出陣・・・カッコイイ。。なんて自分に言い聞かせながら。。

b0078177_2138194.jpg


その後の行動は、山行記にUPしますのでよろしくネ。

・・・下山完了時刻は夕方4時頃で、その日の夜遅く10時頃に無事帰宅しました。
霧雨と雨の中、約7時間かけての登山です。
ガスがかかって景色が見れなかったのですが、高山植物の女王「コマクサ」、シオガマの仲間「タカネシオガマ」など花のオンパレードを楽しみました。
[PR]

by kitaironoyama | 2006-07-25 21:49 | 登山 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://kitaironoy.exblog.jp/tb/5343803
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by yuyu at 2006-07-26 06:41 x
宮王さん、おはよ!
コマクサ、夜露に濡れてるのかな?
雨に濡れてるのか・・・
水滴が、宝石のように、キラキラですね♪

宮王さんの登山スタイルは、超かっちょいいでしょう!
タカネシオガマのお披露目、楽しみにしてま~す☆
Commented by 姉ジャ☆” at 2006-07-26 11:31 x
おはよう(^^)宮王さん☆ 
誰もいない道の駅で一夜を過ごしたの?精神統一の時だね☆“
自然の猛威を知っているからこそ 恐れに苦悩する前夜。それでも登ってしまう・・・
人は皆、弱い生き物。弱気部分に目をつぶるか!弱気部分を克服するか! 
たいがい人は 楽な方快楽な方へ流されます。。。。
宮王さんはその弱き自分と向き合って極限の恐怖を味わい、そして克服へと足が山へと向かう…

登るごとに自分の心が強くなった実感をかみ締められるから、また山へ登る・・・
頂上で感じる清清しさは 下界のアカが浄化されたような 気分になれ、
悩みがちっぽけに映て、みえてしまう。
「また頑張るぞ!」そんな勇気も山は与えてくれる。
恐怖心と体力の苦痛を感じ 登って初めて迎えられる思い。
生まれた時のような ピュアな気持ちになれ、その目で見る 花や景色はこの世で一番綺麗な景色ですね。
そんなピュアな心で映してきた高山植物や景色を 拝見できるのは勿体無いぐらい 
ありがたいことだと感じています。どんな写真より綺麗ですぅ~☆“ 
今日も感謝しながら(-人-)拝見仕り候(←つかまつりそうろう)江戸時代からコメント(笑)
Commented by kitaironoyama at 2006-07-27 06:10
yuyuさん 一日遅れで、オッハ~♪
コマクサは、霧雨で濡れているんです!
周りにはガスがかかり、時には10m先がみえなくなったりします。。
時折、視界が晴れたりと変化します。
大方、ガスの中でした。
>宮王さんの登山スタイルは、超かっちょいいでしょう!・・・
そうでもないんだなぁ~それが・・・
今どき、超ダサぁ~って娘に言われたことあるし((爆
タカネシオガマ・・・ちょっと変わったお花です。
山行記に載せますので、ヨロシクネ。。
Commented by kitaironoyama at 2006-07-27 06:28
姉ジャ☆” ・・・
姉さん、一日遅れのオッハ~です。

生き物は、みんな強がりで寂しがりやなのではないのだろうか。。
そう感じない人は、本来居ないと思う・・・
そう感じないのは、時間に余裕がないから自分を見つめる事ができない。。
仕事が忙しいとか、遊びに夢中だとか、そんな事考えている暇が無いだとか・・・そんな事は理由にならない。。
自分を見つめる時間を作る事ができるのは自分自身、作らぬのもまた自分自身だと思う。

私が山登りする理由は?と聞かれても返事はできない。
ただいつも、登るたびに少しずつ恐怖心を克服し、その中で下界にはない自然の美しさに目を奪われ感動していけるから・・・
ホント、私生活での悩みなんて「ちっぽけ」に感じてしまうよ((笑
生きている喜びを感じさせてくれる自然と、山登りできる体力に「感謝です。

>そんなピュアな心で・・・どんな写真より綺麗ですぅ~☆“ 
今日も感謝しながら(-人-)拝見仕り候(←つかまつりそうろう)江戸時代からコメント(笑)・・・
江戸時代からのタイムスリップさんお褒めのコメントありがとう(^_-)-☆
Commented by kasya5 at 2006-08-05 21:45
初めましてマッチさんの所から飛んできました。
平山の山行記、楽しく読ませて頂きました。
この山も花が豊富で楽しめそうな山ですね。
で花風景を見ていて気になったのですが・・・
イワウメはチシマクモマグサ、エゾノオヤマノエンドウはカラフトゲンゲ、コメバツガザクラはアオノツガザクラだと思います。
Commented by kitaironoyama at 2006-08-15 20:01
kasya5さん ご指摘ありがとうございます<(_ _)>
早速訂正させていただきました。
花の名は、オンチなものでして(^^ゞ
今後よく調べてから掲載していきます。
Commented by kasya5 at 2006-08-15 20:32
宮王さんこんばんは。
花の写真でイワウメは正しいようです。
先日トムラウシ山に入った際にイワウメの花後の様子を見たら宮王さんの写真と同じでした。
イワウメも花が終わった後はあんなに茎が長くなるのですね。
大変失礼しましたm(__)m
Commented by kitaironoyama at 2006-08-19 05:25
kasya5さん 再度ご指摘ありがとうございます。

高山植物って難しいですね。
花期後なんて特に難しい・・・
解らないものは、ネット検索したり、本で調べたりしますが、見る角度によって全然違うように見えたりと大変な作業「です。

イワウメについては、以前近くのニセイで群生していたのを思い出し、葉っぱがよく似ていたので・・・

考えてみれば、花期後の写真って本にもネットでも殆んど出ていないのですから解らなくて当然といえば当然ですよね。。


<< あの日に帰りたい・・・      天気が続かない、今年の夏山登山・・・ >>