2017年 11月 04日
暑寒別岳へ
10月28日(土)
リハビリ登山5番目の山、晩秋~初冬の暑寒別岳へ

ゲートは閉じられているとの情報があったが、行けるところまで行くことにした…
スタートはゲートから、1時間弱のロスタイム。
登山口に9時過ぎ着く…

すぐに登りだすが、しばらく登り返しの無い森の中を坦々と登る…
尾根に出ると、この時期特有の見晴らしが効く登りとなる。

4合目辺りから、積雪になってくるが、まだ歩きやすい…
だんだん深くなる雪に足がとられやすく、歩きにくい…
時折、鹿の足跡や雪ウサギの足跡がある。
何故か大きめの丸い真新しい足跡が、はっきりとついている。
しかも、登る方向に…
その先、出会いがしらは勘弁してほしいので、雄叫びをあげながら先へと登る。
誰も居ないから気にならないが、傍目ではきっと、何デカい声で叫んでるんだ、あの人って思われそう…(笑)

時折膝上くらいの積雪で難儀しながら、7合目過ぎの滝見台まできたが、すでに12時を過ぎていた…
残念だが、またも時間切れと判断する。
ゲートからのロスタイムと遅めのスタート、そして山頂付近のガスの流れからする強風とで、撤退とした。
全く見えない山頂には、雲の流れが半端じゃないほど速い。
終始ガスは切れなかった…
膝の調子も考えれば、撤退も致し方ない…

滝見台で昼食を済ませ、すぐに下山開始…
時々休んでは、雪ダルマを作って気を紛らす…
自分なりの気分転換だ(笑)
さすがに下山は、膝が辛い…
幸い、エゾリス君が出てきて、「こんにちは」…
辛さも忘れて、撮影に没頭していた…
これも長い下りを思えば、いい気分転換だった。

積雪も切れはじめ、何とか暑寒荘に着く…
あとは、長い舗装道路をひたすら歩くのだが、けっこう舗装はきつく感じる。
休むこともなく黙々と月明りの中を歩いてはいるものの、なかなかたどり着かない。
辺りはだんだんと漆黒の闇に包まれていく…
ゲートに着いたときはすでに暗闇の中だった…
この日、誰一人登ってくる人はいなかった…

次回は、怪我の無い万全な状態で再チャレンジしたいと思う…

帰路の車中、海岸線から見る濃い茜色の西の空が涙が出るほど綺麗だった…

ゲートからスタート…
b0078177_18461313.jpg


長い舗装路…
b0078177_1903686.jpg


まだまだ先か…
b0078177_18463318.jpg


暑寒荘…
b0078177_18464731.jpg


登山口から…
b0078177_1847649.jpg


尾根歩きの始まり…
b0078177_18471944.jpg


佐上台…
b0078177_18474191.jpg


まだらな積雪だが、やがて…
b0078177_1848436.jpg


雪が深くなってくる…
b0078177_18482614.jpg


熊の足跡が続いている…
b0078177_18485597.jpg


暑寒別の山々が…
b0078177_18492565.jpg


7合目過ぎ…
b0078177_18495727.jpg


滝見台…
b0078177_18501556.jpg


山頂方向の雲の流れが速い…
b0078177_18505391.jpg


下山開始…
b0078177_18512013.jpg


雪だるまで和む…
b0078177_18514636.jpg


エゾリスと出逢う…
b0078177_18522369.jpg


暑寒荘前の池に着く…
b0078177_1852595.jpg


長いゲートまでの道、振り返ると暑寒別の山が…
b0078177_18535783.jpg

[PR]

by kitaironoyama | 2017-11-04 19:06 | 登山 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kitaironoy.exblog.jp/tb/27580523
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


     丹鳴岳へ >>