2016年 05月 02日
ケマフレ~雄冬山
2016年3月26日

雄冬山は記憶にあるだけで、5回は登っている。
但し、今回はケマフレ集落跡地からダイレクトに雄冬山を目指す。
このルート、今回が初めてだ。
山スキーをやめて、スノーシューで歩く

b0078177_1922084.jpg


ケマフレ集落跡地を出発するのだが、すぐに一つだけのお墓がある。
何とも不思議な場所だ。

b0078177_1933646.jpg


そこを通り過ぎて、しばらく鬱蒼とした森の中を歩き、地形的にはかなり入りこんだ沢地形だ。
地形図とにらめっこしながら、方向を見定める。

b0078177_1943268.jpg


開けて大きな沢地形に出ると、あとは稜線まで一気に登る。

b0078177_195336.jpg


だんだん傾斜がきつくなると、雪崩斜面の急登。

b0078177_196349.jpg


慎重に且つ、だましだましの登行を余儀なくされる。

b0078177_1971459.jpg


登り切れば、広大な雪原となり、目指す雄冬山はまだ視界に入らない。

b0078177_1981478.jpg


遥か遠くに浜益御殿、浜益岳、群別岳が見えてきた。

b0078177_1991631.jpg


ただひたすら、雪原を歩き少しずつ高度を上げると前方に端正なピラミダルな雄冬山が見えてくる。

b0078177_1910389.jpg


ここからは、だんだん急峻な登りとなり、細尾根を慎重に登る。

b0078177_19113090.jpg


やがて、傾斜が緩くなる頃、広大な丘のような雄冬山に立つことできる。
山頂からの景色は、まさに広大な暑寒別の山々の大パノラマの展望台でした。

b0078177_19165123.jpg


下山は、雪崩斜面を避けて、違う尾根から一気に下山した。
[PR]

by kitaironoyama | 2016-05-02 19:20 | 登山 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kitaironoy.exblog.jp/tb/25739915
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 中山峠から喜茂別岳~並河岳~中...      厳冬期の雌阿寒岳へ >>