2016年 01月 11日
2016年 初山登り
今年の初山登り始めは、豊羽鉱山から学校尾根コースからの大沼山です。
この山は初めて登りましたが、吹雪で景色は殆ど見えず。
晴れていれば、大展望間違いなしなのだが・・・残念。。

豊羽鉱山は、別世界・・・
定山渓からだんだん雪が強く降り出す・・・
やがて、除雪車やロータリー車、誘導員が道路を右往左往。
どうやら、札幌雪まつりの雪不足のため、ここ豊羽鉱山に通ずる道路の雪を
雪祭り会場の大通りへ往復搬送しているようだ。
札幌市内とは真逆に、ここ豊羽鉱山方面は半端ではないくらいの大雪。
右に見えるはずの定山渓天狗岳は見えない・・・なんとか無事に登山口ゲート手前へ。。

今日の参加メンバーは、山スキー苦手の4名と私。
参加者に合わせて、私もスノーシューで参加、これが裏目となるとは・・・

強い雪舞う中、登山口近く準備・・・
すでに山スキーヤーたち6名ほどが先行している。

さぁ~いざ登ってみると、いきなり股下までのラッセルだが、先行している山スキーヤーたちの
トレースに助けられる。
途中、休憩している先行パーティーの追いつく。
ありがたいトレースにお礼をする・・・

途中の急斜面では、腰から胸までの深いラッセルでしたが、苦戦している山スキーヤーに
最後まで助けられました。
おかげでさまで、5人無事に視界0の吹雪の中、山頂にたどり着きました。

下山は、あまりの雪の深さに手こずり、時々転びまくる仲間たち(笑)
転んでも痛くない深雪だが、転んだら最後、起き上がるのに一苦労。。
深い雪に慣れていないメンバーは、起き上がるのに必死。
でも、それなりに楽しいと言っていた仲間たちでした。

b0078177_13103837.jpg
b0078177_13105293.jpg
b0078177_1311511.jpg


とにかく、無事に山行を終えてホッとした一日でした・・・









翌日、懲りずに比較的楽な藤野富士へクールダウンのつもりで一登りでした。
ちなみに山頂付近は、まだ雪が薄いです。

b0078177_13122699.jpg


山頂標識が変わったような?気がします。
新しく付け替えたのだと思われました。
[PR]

by kitaironoyama | 2016-01-11 13:17 | 登山 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kitaironoy.exblog.jp/tb/25258496
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by marikka at 2016-01-15 11:36 x
胸ラッセル、お疲れ様です。
その調子で、山スキーでご一緒したときは
是非ラッセルマシーンとしてのサイボーグを
期待しているからね(^_-)
Commented by kitaironoyama at 2016-01-18 17:50
ラッセルマンですか(笑)
期待するほど体力無し(笑)
Konちゃんのほうが期待できます(笑)
まぁ~普通ガンバります。


<< 厳冬期の樽前山      新年あけましておめでとうございます。 >>