2011年 09月 28日
沢三昧…
9月23日、兵庫のすみたこさん(以下すみちゃん称させていただく)と合流してHYMLメンバー3名の合わせて4名で
南日高のオムシャへ向かう。

現地に着くや否や、意外に寒い。
天気もイマイチ。
北海道組は、行くとなれば行くが半袖姿のすみちゃんは返事が曖昧。
結果、初日はキャンセルになった。
その日は、することもないので遥々標津まで無料の温泉に浸かりに行く。

翌日再チャレンジで、再び現地に戻る。
さすがに遠い。
いったい何キロ走行したのだろう。

さて泊まる場所だが、近くにある楽古山荘を利用することに…。
いざ山荘に着くとすでに先着が居た。

中に入ってみると、何やら見覚えのある二人の女性がいた。
EちゃんとNちゃんだ。
Nちゃんとは一年ぶりの再会で懐かしかった。
Eちゃんとは何度かお会いしていた。
どうやらこのお二人、所属している某山岳会の会山行だという。

この後、小宴会。
翌日に備え、早めの就寝。
夜通し雨が降り続いている。
はたして明日は、大丈夫だろうか。
眠れぬ夜を過ごす。

翌日、小雨ではあるが相変わらず降り続いていた。
意を決して、現地で判断することになる。

E・Nちゃん組は、コイボクメナシュンの沢から楽古を狙うとのこと。

我々は、昨日行きそびれたオムシャ南西面沢遡行を決行。
入渓場所を見ると、明らかに増水。
とりあえず行けるところまでと判断。

b0078177_1941350.jpg


いきなり登り系の滝

b0078177_19413476.jpg


迫力ある滝に感無量

b0078177_19414664.jpg


ダイナミックな滝もある

b0078177_1942484.jpg


最後はハイマツかき分けての登りだ。

b0078177_19422769.jpg


すみちゃん、山頂直下で何思う


この南東面沢、とにかく面白い。
レベル的には初級より上だろうか。
けっして難しくはないだろうが、初級者ならザイルは必携だ。


そして、最終日。

場所を変えて、伏美避難小屋に移動。
そこで一夜を過ごして翌日の沢を目指す。
この避難小屋、先月ある人がノミに喰われて大変なめにあったという曰くつきの小屋だ。
中へ入ると、以前あった布団類が何一つ無くなっていた。
絨毯敷きだった床は、フローリング状態。
おそらく、管理している山岳会の方たちが清掃消毒をおこなったものと思われる。
とてもありがたいことである。
この場を借りてお礼を・・・。

翌日、伏美岳目指してニタナイ川北面沢を遡行。
ここでも白濁して増水。

とにかく、意を決して入渓。
なんのなんの、見事な渓相だ。
どちらかというと、癒し系だろうか。
だが、気を抜けないほど滑るので要注意だ。

次から次へと現れる滝の連瀑。
極めつけは、一直線に伸びる沢筋だ。

まるで天国への階段みたい。

b0078177_2035848.jpg


綺麗な渓相の中を歩きだす。

b0078177_2051689.jpg


右に大滝、左に目指す山頂への二股右股の沢

b0078177_2064928.jpg


どこまでも続く滝

b0078177_2081652.jpg


下界を見下ろせば、一筋の蛇行した沢もまた面白い

b0078177_2095848.jpg


やがて前方に稜線

b0078177_20111528.jpg


次に、直登沢伝いに登る。

b0078177_2013133.jpg


最後は、ハイマツをかき分けて山頂に到着。
雨に当たらず幸運なひと時でした。
その後休憩ののち、下山は夏道を利用して、一目散にかけおりて終了。

渋滞を恐れて、温泉にも入らず帰札。

兵庫のすみちゃん、またの再会を楽しみにお別れとなる。

9月後半の3連休は、少しだけ沢三昧で楽しい日々だった。

最後に細かな詳細はカットさせていただいた。
楽しみが半減するといけないので…。
とにかく、どちらも甲乙がつけがたいほど面白い沢である。
是非、皆さんもチャレンジしてはいかがだろうか。

ちなみにどちらの沢も、ザイルを使わなかった。
[PR]

by kitaironoyama | 2011-09-28 20:29 | 登山 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://kitaironoy.exblog.jp/tb/16358439
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by moco at 2011-09-29 23:21 x
よかった~、もう怪我は大丈夫なんですね。
またまた素敵な山行ですね~。
標津の温泉までって…大学生並みの機動力(^_^;)
Commented by mrkgen at 2011-09-30 09:59 x
なんだか寒々しい感じがしますわ。ブルッ(@_@;)
さすがサイボーグ、チョチョイのチョいだったようですね。
日高が雨だったなんて信じられないぐらい大雪は晴れちょった。
人を見て雲が移動したのかな(^O^)
ヘタレにもお付き合いくださいね!
Commented by kitaironoyama at 2011-09-30 18:40
mocoちゃん>
大分良くなったよ。
沢は、なかなか面白かったわ。
mocoちゃんなら、楽勝です。

まさか、天馬街道から標津まで行くとは思わなかった。
すぐ目の前は斜里岳近いし((笑
Commented by kitaironoyama at 2011-09-30 18:43
マリッカさん>
確かに寒かったよ。
夏なら、気持ちいい沢だったと思う。

そちらは、良かったんだってね。
晴れが味方してくれなかったぁ~((笑

ヘタレって誰のこと((笑


<< 太櫓川遡行~遊楽部岳~夏道下山      NACデビュー >>