2011年 06月 19日
旭川神居 オロエン川遡行~林道下山
6月18日(土) 

札幌組・小樽組・北見組総勢11人の仲間とオロエン川を遡行してきた。

明日19日で、復興財源確保等で高速道路無料化が廃止になるので少し遠出してみた。
あちらこちらから集結した車4台でオロウェン橋を渡り、奥の空き地に車を留め置きする。
そのうち、下山用の3台は林道ゲートに留め置きする。

b0078177_2044307.jpg


9時30分、出発。

b0078177_20453184.jpg


右手川原に砂防ダムを見ながら進んで、沢に入渓。

見た目、只の川原で、なんの変哲も無い。

b0078177_2046024.jpg


すぐに二段砂防ダムが見え、そこは右岸側から越えていけば問題はなし。
果たしてこのままブタ沢で終わるのではとヤキモキする。

空を見上げると、今にも泣き出しそうな厚い雲に覆われているが、雨はまだ降ってない。
さらに先へと進む。

やがて苔むした岩や石が目に付いてくる。
やっと沢らしい雰囲気が始まった。

b0078177_2047549.jpg


小滝も適度に現れて、遡行意欲も沸いてくる。

b0078177_20484725.jpg


滑っぽい小滝を相手に果敢に攻めるTさん。
滑る滑るっぅ~」・・・

b0078177_20481333.jpg


随所に深い釜が現れ、遡行意欲がようやく沸いてくる。
果敢にその釜を泳いで渡る場面も見られるが、大半は左岸沿い高巻く。
唯一北見のKさんだけ、胸まで浸かって果敢に函を攻めるが、最後の取り付きが登れず戻ってくる。

b0078177_20495568.jpg


次に落差こそ3mほどの滝に手こずるが、男4人と女1人挑戦して男4人が登りきる。
手足の長さにハンデがある女性は、ちょっときついものがある。

b0078177_20503234.jpg


果敢に攻める北見のY子さん。

b0078177_2171876.jpg


そしてこの沢唯一の大滝は、落差30mはあろうかと思われる二段滝で、上部で左に折れている。
なかなかどうして、迫力ある滝だった。

b0078177_20551035.jpg


ここは無理せず、左岸側の高巻きを得て、滝上へ這い上がる。

やがて、二股分岐に出て右股を往く。
この頃から雨が強く降りだし、合羽を着込む。

b0078177_2053446.jpg


その後、水流が細くなる頃、右手に林道下の土管が見えてきた。
ココが最後の難関?

b0078177_20533457.jpg


・・・な訳は無く、とりあえず土管のトンネルを潜り進んで、トンネル抜ければ林道に出る。
ここが実質上、遡行終了点となる。

b0078177_2054660.jpg


あとは、林道を下って車デポ地点まで戻って本日の沢遡行終了。

標高差もないこの沢、当初予想していたよりかなり面白かった。
ヘツリありゴルジュありと練習にはもってこいの沢だ。
しかも、直登できなくてもしっかり巻き道もあるので安心していられることだろう。

帰路は、温泉に寄って真っ直ぐ帰札しておしまい。
[PR]

by kitaironoyama | 2011-06-19 21:08 | 登山 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://kitaironoy.exblog.jp/tb/15791889
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2011-06-20 10:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by こざるん at 2011-06-20 14:05 x
オロエン川、いらしたんですね!
面白いと聞いて、いつか行きたいと思ってるとこのひとつです。
確かに楽しそう☆
Commented by kitaironoyama at 2011-06-20 20:43
マリッカさん、ご指摘ありがとう。
一部間違って右岸ではなく、左岸でした。
後半、雨に当たってしまい、ずぶぬれでした。
Commented by kitaironoyama at 2011-06-20 20:44
こざるちゃん、ココの沢なかなか面白いよ。
真夏なら飛び込めそうだわ((笑


<< マジ顔で、しゃべり出す同僚      空沼 湯ノ沢遡行~万計山荘~夏道下山 >>