2011年 06月 13日
空沼 湯ノ沢遡行~万計山荘~夏道下山
昨日、Yaちゃん、Maさん、Mo子ちゃん、Taちゃん、Ibさん、Tiさん合わせて総勢7名で
空沼の湯ノ沢を遡行してきた。



湯の沢橋で、出だしから変な家族に出会った。
湯の沢橋には車が何台も止まっていて、子供までいた。
エッ!子供まで湯の沢を遡行?
どうやら空沼の登山口を間違えたらしい。
まさか子供まで沢に行くはずないと思っていたしね。

b0078177_2032084.jpg


はじめは林道歩きだが、皆おしゃべりに夢中。
ついに入渓箇所を通り過ぎてしまったようだ。

b0078177_20323347.jpg


そこは、皆さんベテランなので傾斜地をドンドン下って湯の沢に入渓。

b0078177_2033150.jpg


湯の沢は案の定、雪解けで水量が多かった。
でも、水はそれほど冷たくはなく遡行に支障は全くなかった。
沢の岩や石が白く覆われている。
温泉成分の石灰のような白さだ。
湯の沢の由来はそこにあるのかと思うが、定かではない。
時々巻き道を歩くと、途中で熊の足跡があった。
そこからは、盛んに笛を鳴らし続けて先を往く。

b0078177_20333357.jpg


やがて、小滝が出始める頃からは水がだんだん冷たくなる。

紅一点のMo子が果敢に滝登りに挑んでいる。
沢が大好きという彼女の言葉通り、楽しそうな表情がまた印象的だった。
やっぱり、好きなんだなぁ~と。
その彼女のお師匠さまであるMaさんもまた、沢がやっぱり好きなんだなぁ~と言っていた。

b0078177_20345753.jpg


b0078177_20351862.jpg


b0078177_20342930.jpg



そして、ミニゴルジュも現れた。
極力、水に濡れないように直登。
とは言っても、股下ほどまでは水しぶきがかかるのはいた仕方ない。

b0078177_20382422.jpg


湯の沢唯一の核心部の5m滝は、手掛かりの笹が坊主状態。
Mo子も頑張って登ってくる。

b0078177_2039814.jpg


遡行者がかなり増えたのが原因らしい。

核心部を越えたあとには、この沢最大の大滝が現れる。
見事な水しぶきで、直答は無理と最初から諦めた。

b0078177_2042530.jpg


その後は、大滝の上の流れまで高巻いて登る。

b0078177_210943.jpg


そのうち、あっけなく林道に出くわして、遡行終了となった。
あとは、万計山荘までゆっくりペースで林道を歩く。
途中、ウドを収穫しながら山荘を目指す。
と言っても、収穫していたのは4人だけで、3人はすでに山荘に着いていたらしい。
相変わらず、霧雨が降っているが、どうせ沢屋の格好。
濡れて当たり前、気にもせずに歩けるのが特権だろう。

山荘では、賑やかに静かな音楽が奏でていた。

沼の畔で、ラーメンタイム。
暖かいラーメンは身も心も温めてくれる。
山ならではの光景だが、やっぱり、いいわぁ~。
このひと時がたまらなく嬉しい。

b0078177_20593740.jpg


その後は、一目散で夏道を下山したのは言うまでも無い。
途中、何度も滑っては、転びそうになるが、自分はこらえて手を着いただけで「すってんコロン」は無かった。
だが、皆は自分が転んだもんだとばかりに大笑いに野次が入る。
その後すぐに、Yちゃんがもろに尻餅着いて、皆で大笑い。

何だかんだと言いながらも下山完了。

b0078177_2105576.jpg


登山口の沢で、泥でまみれの沢靴やスパッツなどの足回りを洗い流して綺麗になったところで無事終了。

皆さんお疲れさまでした。
[PR]

by kitaironoyama | 2011-06-13 21:07 | 登山 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kitaironoy.exblog.jp/tb/15753503
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by moco at 2011-06-13 21:57 x
今シーズンの初沢山行を御一緒できて楽しかったです~。
私はまだまだ素人なので、人一倍泥んこになったり、無駄な歩き方をしたり、遠回りもしてしまうけど…大好きなんですよ、沢が!!
そして、下山では大変お騒がせしてしまいすいませんでした。
悲鳴の気合いで、泥下山でも転ばずにすんじゃったりして~。
皆さんの期待をうらぎってしまったようですね(・_・;)
実は、登りでも結構叫ぶ事もあるのですが、さすがに回数はへってきましたね(^_-)
クマよけにいいって言ってくれる人もいるんですよ~。

Commented by kitaironoyama at 2011-06-13 22:09
楽しい1日をありがとう。
やっぱり、いいよねぇ~沢!!
下山の時の悲鳴・・・昨年の涸れ沢遡行で美瑛富士からの下山に比べたら確かに減ったよね。
悲鳴がなくなったら、なんか寂しいなぁ~。
何故って?
なんだかホッとするんだよねぇ~悲鳴を聞くと((笑
それより、確かに熊よけって言われればそうかもなぁ~((笑
最後に、mocoちゃんはやっぱり泥んこがよく似合うよ。
そういえば、下山後の着替えでスカートが似合わないとか言ってた人いたね((笑
あっ!お師匠さんでしたか((笑
Commented by mrkgen at 2011-06-14 11:37 x
オーー、水量が多いですね。
一番最後の滝、巻き道はどっち?
以前登った時は、左岸の際をヨウちゃんが苦労して登り
ロープ出してくれました。簡単に巻ける道が出来たのかな。
久しぶりに行ってみたいな、。
Commented by marbo at 2011-06-14 22:00 x
kitaironoyamaさん、沢初めにしては楽しかったよね~!
ありがとうございました。

「今年もなんとか沢歩きができそう!」って確認できた感じでよかったわ。
でも、もうちょっと微妙な滝があったら、もっともっと楽しい沢なんだろうなぁ?

今後は斜里の沢の何処かを案内しますよ~!


mrkgenさん、あの滝はねぇ、妙なことをしないで流芯のすぐ右を直登してロープを出したんだよ。
微妙な泥付、草付より、微妙でも確実な岩の方が安全です。
Commented by kitaironoyama at 2011-06-15 00:20
mrkgen さんは、当日赤岩でしたね。
楽しかったみたいだね。

湯の沢に行った事あるんですね。
最後の滝は、marboさんの言うとおりです。
左岸側直登の壁は探せば、ホールドあるんだよね。
今回は、Y ちゃんに止められて、何故かパスしちゃった。
だからお助けロープに甘えちゃったわ((笑


Commented by kitaironoyama at 2011-06-15 00:23
marboさん 初めての同行でしたね。
何故か心強かったです。
こちらこそありがとうございます。

これからが沢のハイシーズンです。
是非、斜里を沢から登りたい気持ちです。
都合つけて、参加します。
よろしくです。


<< 旭川神居 オロエン川遡行~林道下山      社台滝 >>