2011年 02月 11日
沖里河山~イルムケップ山へ
先週末の土曜日、山仲間のYちゃんをはじめ、女性2名含む総勢7名で深川の沖里河山~イルムケップ山へ
山スキーに行ってきた。

高速道路利用で、一路深川インターまで走るが肝心の天気は雲行きが怪しい。

すでに廃業した深川スキー場跡からのスタートだが、その面影は何一つ見当たらない。
いつ廃業したのかも記憶にない。

只、唯一記憶に残っているのは、なだらかな緩斜面のゲレンデ跡だけだった。
現在は、スキー場上部の裸地に植林跡があるだけだ。

b0078177_1882382.jpg


何処までも続く緩斜面を黙々と登る。
ラッセルは多くて脛までだが、雪は少し重めだ。
パウダーとは程遠いのが惜しい。
勿論、交代でのラッセルが続く。

ラッセルする体力には問題ないが、恥ずかしいことに靴ズレ気味で物凄く足が痛い。
今日の山スキー山行・・・ツボでの山登りは、やっていたが、実は今シーズン初だった。
どうも足が靴に馴染まない。
今までと違う箇所が痛むのだ。
毎年違うから厄介。
これほど憂鬱なものはない。
とりあえず、第一関門の沖里河山までは、何とか辿り付く。

b0078177_1885430.jpg


ここからが問題だった。
痛む足でイルムまで行こうか悩んだが、とりあえず行ける所まで行こうと腹を決める。
だが、だんだんメンバーの列から離されていく。
交代でラッセルしようにも、先に追いつかないのだ。
登りに差し掛かると、何とか列に追いつくが下りで離されてしまう。
その繰り返し状態で登り続け、何とかイルムケップ山に辿り付いた。
肝心の足は、痛みを通り越して痺れてきた。
救いは有り余ってはいないが、体力だけはまだまだ残っている事だった・・・

b0078177_1893369.jpg


帰路もほぼ同じルートを辿りながら戻るが、さすがに痛みに辛いものがあった。
途中、無名山を通過したあと、短いがちょっとした一枚の深雪バーンの急斜面で皆思い思いに滑る。
自分はというと、どうも下りになると足が痛いのでゆっくりと滑る。

b0078177_1810297.jpg


後は、沖里河山から一気にスキー場跡の緩斜面を滑り降りてゴールとなる。

b0078177_18104698.jpg


そして、イルムの湯で靴擦れで沁みる足を我慢して温泉に浸かり、帰路となる。
おしまい。

最後に一言、メンバーには大変ご迷惑おかけして申し訳なかったと反省しての一日だった。
[PR]

by kitaironoyama | 2011-02-11 18:12 | 登山 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kitaironoy.exblog.jp/tb/14896387
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by moco at 2011-02-13 20:57 x
私も先週は、靴ずれスレスレの際どい2日間を過ごしました。
兼用靴は苦手です。

3連休はドキドキワクワクな山行でした~。
プラブーツだと11時間半だってへっちゃらに歩けるのに…
靴って大事ね~~(*_*)
Commented by kitaironoyama at 2011-02-14 06:10
mocoちゃん、どうも♪

兼用靴は滑りには申し分ないけど、歩くのはどうも厄介だよね。
いいとこ、登りだと3、4時間が限界だわ。
プラだと意外と歩けるね。
滑り重視だと兼用靴。
歩き重視ならプラブーだよね。
滑り下手だから、兼用靴が多いのは自分にとって致命的だよなぁ~((笑

3連休は、町内排雪だったので厄介な雪を少しでも処理したかったので
雪投げに徹しました。
おかげで
家の前は、雪一つなくなりスッキリしたわ((笑

次週から、山再開したいと思います。
さぁ~何処行こうかな。


<< 町内排雪・・・      仕事・・・そして帰宅すると。。 >>