2010年 11月 28日
安瀬山
今度こそ、本当に今シーズンの沢納めとなった安瀬山への遡行。

もう11月最後の土曜日。
まだ沢行くの?・・・って言われても不思議じゃない。
確かにこの時季、もう沢遡行する人はいないだろうなぁ~。
正直、よっぽど好きじゃなきゃ行かないと思う。
他人が見れば、変人?って言われても可笑しくないよなぁ~((笑

その後の様子は、Moreからどうぞ!





いつもの仲間、Yちゃんと北さんと3人で安瀬山に登る。
以前、濃昼山道を縦走した時から気になっていた山だ。
単独で行こうと思っていた矢先に、Yちゃんから声が掛かった。
またと無いチャンスだと思い、即返事する。

b0078177_20125571.jpg


その安瀬山は、厚田から濃昼の間にある、いにしえの濃昼山道から山道を歩き、馬鹿臭い沢の次に
ある通称・大沢から旧濃昼山道へ沢伝いに向う直登沢の先にある山だ。

b0078177_201356100.jpg


大沢から入渓となるが、スパイク長靴での遡行なので、直接足を濡らさぬように
遡行する。

b0078177_2016376.jpg


途中、唯一滝らしいものがあるが、左岸を高巻く。

b0078177_20202699.jpg


その後は、ややブタ沢状で面白みに欠けるが、この時季の沢としては風情があっていいかもしれない。
やがて、昨夜降ったと思われる雪で一面覆われてくる。
右俣、右俣、そして左股へと進む。
左股に進めば、4mほどの滝が現れる。
直登できるはずの小滝だが、直登できない理由があった。
ホールド・スタンスになるはずの岩が凍っているのだ。
止む無く、左岸の草地を高巻く。

b0078177_20264914.jpg


滝下には、水しぶきで凍った小枝が寒さを物語っている。

b0078177_20271733.jpg


その後は、急斜面の薄い藪を漕いで山頂に辿り付く。
勿論、山頂は薄い新雪で覆われていた。
天気がイマイチ、どんよりとした重い雲で覆われていて、スッキリした展望は望めない。

b0078177_2047363.jpg


足元には、確かに建設省・1等三角点がある。

b0078177_20463943.jpg


山頂では、小雪が静かに舞っていた。
寒いので長居はせずに、下山開始。
滑る斜面に注意しながら、黙々と下る。
途中、唯一の滝は高巻いて登っていたが、下りは巻かずに下った。
最初は、函状でなかなか面白いが、最後は巻いて下る。

あとは、山道合流地点まで、淡々と下る。
その後、山道は歩かずにそのまま沢を下降。
そこからが、この沢唯一の難所と化するのだが、以外にもあっけないものだった。
その殆どは、函状のへつりの連続。
スタンスはやや薄いが、ホールドはしっかりあるので余程の事がない限り、ドボンはないだろう。
うっかりすれば、簡単に釜へ落ちるだろうなぁ~((笑

b0078177_20475549.jpg


やがて前方に、上下に穴の開いた国道231号線・滝の沢トンネルのコンクリート壁が見えてくる。

b0078177_2050385.jpg


下の穴は、流水講となっていてその向こうにはいったいなにが・・・

b0078177_2052211.jpg


その穴を潜り抜けると、なんと大海原の海が・・・日本海だ。

b0078177_2054096.jpg


先へ進むと、間違いなく海だ・・・そう河口になっているのだ。

b0078177_2103911.jpg


海辺沿いに歩いて国道へと考えたが、断崖絶壁に阻まれ
そんな状態ではない。

b0078177_2114879.jpg


振り返りざまにトンネルまで戻り、真新しいザイルがフィクスされている海側の穴から
上がってトンネル内に入る。

b0078177_2121454.jpg


あとは、車の走る爆音で響き渡る薄暗いトンネルを安瀬側の濃昼山道入口に向って歩く。

b0078177_2142740.jpg


トンネルを抜ければ、もうすぐ目と鼻の先にゴールがある。

b0078177_218176.jpg


約6時間ほどの山行に終止符を打ち、沢納めとなった。

おしまい。。
[PR]

by kitaironoyama | 2010-11-28 21:15 | 登山 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://kitaironoy.exblog.jp/tb/14490288
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by moco at 2010-11-29 08:20 x
凄い!!
ここ面白そ~~。
 
今シーズンはスパイク長靴を1度も履くことなく
プラブーツになってしまいました。
でもアイゼン&ピッケルの山も楽しかったですよ~。
Commented by kitaironoyama at 2010-11-29 19:04
mocoちゃん しばらくです。
もうプラブーツにアイゼン・ピッケルですか?
山域はまだ限られてくると思うけど、冬本番ですね。
そのうち、アイスバイル登場?するのだろうか((笑

この安瀬山の大沢遡行、直接海側から登れば面白いと思う。
滝こそ知れてはいるけど、へつりの楽しさはグ~ッだわ。

そしてこの海の河口付近の絶壁の岩壁、ちょっとしたクライミングの
練習にはうってつけかも知れないわ。
高さこそないけど、見た目ホールドもスタンスもしっかりありそうだし、
もろい岩でもなさそう。
仏像の頭のブツブツみたいで、面白いかも((笑
一軒の価値アリ?かな。
でも、見た目の判断だから当てにしないでね((笑
Commented by 若葉。 at 2010-12-02 14:01 x
素敵~~~ココ!!!
やっぱり・・・普通の夏道には無いドラマがあるのよね~~

こんな山登り、憧れちゃうな♪
この時期まで沢・・・そんなこだわりのある山歩きが好きですね♪
私のこだわりは・・・・なだろ???

大好きなのはテント泊縦走です。

来年もロングコースでカムイミンタラを歩こうと早くもコースプランを練ってます。
Commented by kitaironoyama at 2010-12-02 18:38
いよいよ冬ですね。
若葉ちゃん、さっそく雪道歩いてきたみたいだね。
初冬の雪道、何となく風情があるよねぇ~。

この沢は若干の藪コギですが、へつりが面白い沢でしたよ。
この時季ならではの、小雪が舞う沢遡行、面白かったわ。
でも沢はこれで納め、来年までお預けになりました。
是非、来年はご一緒しましょう。
冬も何処かでご一緒できるといいね。

ロングコース?
一度は、「クワウンナイの滝の瀬13丁」いかがですか?
難しい沢ではないので、いいかも。
ロングコースのテント泊縦走できますよ。
途中、焚き火もできちゃうし((笑

Commented at 2010-12-10 07:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-12-10 18:16
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yuyu at 2010-12-30 15:37 x
宮王さん、今年も1年おつきあいありがとうございました!
今日はこちらも雨になったり雪になったりの寒い1日となっています。
そちらはさらに寒いと思いますが、お風邪に気をつけてくださいね。
良いお年をお迎えください~(*^^)v
Commented by kitaironoyama at 2010-12-31 13:03
yuyuさん どうもありがとう!
現在、喪中なのでアウトドア行動してません。
年末年始は大人しくしている宮王です。
明けてしばらくしたら、行動開始します。
お互い良いお年を迎えましょうね、
来年もよろししく。。

宮王


<< ご挨拶は差し控えさせて・・・      滞りがちなHP更新 >>