2010年 07月 24日
ペンケモユーパロ川遡行~夕張岳
7月17日、HYML仲間総勢9名で「ペンケモユーパロ川遡行~夕張岳」を目指す。
ganさんだけ遡行経験者だが、20年前以上のことらしく、すでに過去の記憶は無いらしい。
他は全くの未遡行だ。
今回は、ギリギリに無理やり飛び入り参加の私を受け入れてくれたganさんに感謝。

さて、このペンケモユーパロ川の渓相は、難しい滝は殆ど無くずば抜けて大きな滝も無かった。
だが、なかなか面白い沢だった。
高巻きは程なくあり、かなり古いフイックスがあった。
見る限りでは、遡行者はそんなに多くはないのだろう。

b0078177_19433457.jpg


源頭に出ると、藪コギが待ち受けている。
さほど濃いわけではないが、迷いやすい地形に難儀する。
遡行経験があるベテランんのganさんでさえ迷うほどだ。
ガスがかかって視界が無くなれば、確実に迷いやすいのだ。
晴れていれば、ガマ岩や前岳が辛うじて見えているので何とか方向が定まる。
地形図だけでは、厳しい。
万一のGPSは、持っているに越した事はない。
何とか、ガマ岩手前のコル付近の夏道に合流すると、皆安堵の溜め息が・・・
だが、ココから湿原や吹き通しを経て山頂までは約1時間。

b0078177_19445476.jpg


何とか無事に山頂に立つ。
山頂直下の夕張神社の広場で、遅めのganさん特製の山頂ラーメンが振舞われる。
それがまた美味いんだなぁ~。
身体が生き返るようだ。
味はカレー味と塩味だったっけ?

そのあとは下山のみ、短縮路の馬の背コースから一気に夕張ヒュッテに下りる。
さすがに、早いペースで皆必死に下っていた。
登り約7時間、下り約2時間半の長い山行にかなり堪えているのは間違いない。
ご同行の皆さん、ありがとう。

b0078177_19454641.jpg


そして、翌日はIさんのデジカメ探しに、黒松内岳重滝右股沢に向う。
メンバーは、Iさん・Tさん・Hさんと私。
紅一点のHさんだけが、前日の夕張岳を登っていない。
残りは、夕張遡行のお疲れ組のメンバーだ。
天気もイマイチ良くない。
Iさんの記憶を元に沢を遡行。
だが、沢中では見当たらない。

b0078177_1946448.jpg


次は、濃い藪に突入。
ナント、先頭を往くTさんが見つけた。
皆、驚きと共に歓声があがる。
当のIさん、大喜び。

b0078177_19492198.jpg


その後、濃い藪と戦いながら、無事山頂に着いた。
ここで山頂ラーメンでもと思ったが、雲行きが怪しい。
数分もしないうちに、雨が強く降りだす。
合羽を着て、一目散に夏道を滑りながら下山。
途中、夏道登山者を追い越し1時間もかからずにあっという間に下山。
とにかく無事にデジカメ回収できたことに、メデタシ、メデタシ。
帰路、温泉に浸かって遅めの山頂?ラーメンを頂いて帰札した。

2日間の2連発の沢、かなり内容の濃い沢登りとなったのは言うまでもない。

お終い。。
[PR]

by kitaironoyama | 2010-07-24 19:50 | 登山 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kitaironoy.exblog.jp/tb/13644905
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< その後の遡行歴・・・      今年の初沢登りは、積丹の鉞山・・・ >>