2017年 09月 09日
楓沢へ再び・・・
知床遠征時の怪我から、夏山登山ができず、思いのほか治りが遅く早約1か月。
完全復帰とはいかないが、まだ痛む膝関節が固まることを懸念…
復帰山行に選んだのが、楓沢でした。
風不死岳、樽前山ピークを狙わず、登りに巻き道、下りに懸垂下降で臨むことにした。

スタートは、紋別橋下から歩き出す。
前回来た時より、さらに倒木が行く手を阻む。
毎回来るたびに、風景が変わってきている。
苔の洞門に差し掛かると、早朝でまだ陽が差さない洞門内は薄暗く、
色濃い苔が、肉眼では綺麗に見えていた。
右に左にと、いつものように回廊巡りが始まる。

洞門内も以前よりもかなり荒れてきている。
倒木はもちろん、風化し剥がれ落ちた岩肌、むしられたような苔…
それでも、回廊は新鮮味がある。

以前は無かった、通行禁止?のロープ…
その先の領域は、下りで使う懸垂箇所で一般者には危険という解釈なのだろう…
その手前で、左に折れて辿れば急登のロープ場がある。
いわゆる高巻きである。
ご丁寧にピンテが張り巡らされている。
必要性が…といわれれば、どうなのかなと思うも、遭難防止に一役かっていると
言われればそれまでだが…

その後、再び綺麗に洞門巡りが続く…
そして、洞門から離れて樽前、風不死岳山麓の平坦地へ出れば、
左手から樽前山、風不死岳と見上げることができる。

ここを今回の終了地点とし、再び洞門に向かい下山…
登りで使った巻き道使わず、沢装備とザイルを使って3ヵ所の懸垂下降しながら下山する…
懸垂箇所のザイルの支点に使われているハーケンなど、錆びてかなり痛んでいた。
ぐらつくハーケンも見受けられる。
くれぐれも気を付けたい…

下山時の洞門は、陽が射し陰影の苔がまた綺麗です。
光と影…絵になる美しさに心が引き付けられる…

洞門を過ぎれば、再び倒木の嵐…
それも自然が成し得る、脅威の世界…
あと何年、この姿が見られるのだろう…
少なくとも、自分が生きている時代に消え去ることはないのだろう…

b0078177_1134866.jpg



倒木が折り重なるように…
b0078177_10485890.jpg




b0078177_10492028.jpg




b0078177_10493944.jpg



通行禁止?ロープ…
b0078177_1049529.jpg



苔の一種…
b0078177_10503894.jpg




b0078177_10511330.jpg



樽前山山麓…
b0078177_10515327.jpg




b0078177_10521495.jpg




b0078177_10523312.jpg



最初の懸垂箇所…
b0078177_10532033.jpg



山ぶどうが成っている…
b0078177_105455.jpg




b0078177_10542618.jpg



懸垂箇所…
b0078177_10552676.jpg




b0078177_1056125.jpg




b0078177_10562968.jpg

[PR]

# by kitaironoyama | 2017-09-09 11:04 | 登山 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 19日
雨竜沼湿原へ・・・備忘録
2017年 7月16日(日)霧雨のち土砂降り

備忘録~先月の山行

雨竜沼湿原に出かけてみた。
ここは何度も訪れているが、天気が下り坂とわかっていながら、幻想的風景を
見たくて計画した。

登山口では、かなり登山者がいたのには驚きだった。
駐車場で思わぬ収穫・・・
エゾウサギに出くわすが、とっさに構えたが写真は撮れなかった。

いつものように、管理小屋に500円の協力維持金を収め、出発。
かなり湿気があって、ただ歩いているだけでも、汗がダラダラと流れる。

湿原入口に着くと、あたり一面ガスに覆われ、視界不良。
背後の山は全く見えず、霧の雨竜沼って感じだ。
自分は写真家ではないが、写真家的にはもってこいの風景だと思う。

何も見えない中、一人の60代過ぎのおじさんが、向かう先から急ぎ足で下山してきた。
話を聞くと、ガスって見えない中、熊が出てきそうで怖くて途中で引き返してきたそうだ。
どちらかというと、おじさんの急ぎ歩きのほうが気味が悪かった・・・(笑)
確かにこれだけ視界が悪いと不気味に感じてもおかしくないかもしれない。

写真撮影を繰り返しながら、誰も居ない木道をひたすら歩くが、相変わらず霧雨は止まない。
エゾカンゾウやヒオウギアヤメ、ワタスゲが霧に映えて鮮やかだ。

1周して、下山するぎりぎりの最後まで人には出逢わなかったが、
その直後に大勢の団体さんとすれ違う。

その後、数人の登山者も登ってくる。
下山途中、案の定、土砂降りの雨でびしょ濡れで下山しました。

いかの写真の中に、名前等間違いがあるかもしれません、悪しからず。。


ゲートパーク・・・
b0078177_17522694.jpg



最初の橋・・・
b0078177_17524566.jpg




b0078177_1753349.jpg



白竜の滝・・・
b0078177_17532429.jpg



湿原入口が近くなって・・・
b0078177_17534991.jpg



湿原入口・・・
b0078177_17541623.jpg



湿原入口展望台・・・
b0078177_17543785.jpg



ヒオウギアヤメ・・・
b0078177_17551859.jpg



湿原に流れる川~咲き乱れる湿原の花々・・・
b0078177_1756416.jpg



ワタスゲ・・・
b0078177_17563052.jpg



エゾカンゾウ群落・・・
b0078177_17571042.jpg




b0078177_17573274.jpg



ウリュウコウホネ?・・・
b0078177_17575748.jpg



ウリュウコウホネ?・・・
b0078177_17582190.jpg



静かに佇むエゾカンゾウ・・・
b0078177_17584889.jpg

[PR]

# by kitaironoyama | 2017-08-19 18:05 | 登山 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 15日
知床岬トレッキング・・・最果ての地 シリエトクへ
2017年 8月4日(金)~5日(土)

知床岬へ向けて・・・

前日に羅臼のルサフィールドで情報を詳しく調べる。

1日目行程、相泊4:30→観音岩6:30→9:20モイレウシ湾9:45→10:30船泊10:45
→11:30ペキンの鼻10:00→近藤ヶ淵12:30→14:45滝の下番屋15:00→15:20二本滝
(休憩含む)

相泊漁港を出発、石浜と番屋、やがて海岸線を歩く。
番屋では、漁師たちが忙しく動き回っていた。
観音岩の巻道には残置ロープがあるが、 使わないでとのことだが、ロープの具合を確認し、
通過。

しばらく化石浜は石がゴロゴロで、歩きづらい.
タケノコ岩手前の巨岩帯のルートもある。
とにかくアップダウンが激しい。

モイレウシ河口は綺麗な入江となっていて、水も取れそう。
剣岩とメガネ岩は、事前に干潮時に通過できるよう設定、濡れることなく通過することができた。
何箇所かあるへつりはホールドもスタンスも多くしっかりしているので、意外に難しくはない。

ペキン川付近ではサケ釣りを楽しんでいる人が数人いた。

ペキンの鼻の巻道に差し掛かると、ヒグマが立往生。
しばらく待っていると、ヒグマのほうから山へ去っていった。

ヒカリゴケ(食人)事件の舞台ともなったペキンの鼻台地には、鳥居があった。
海岸線には観音様が祀られている。

事前に中潮の干潮時に渡渉ポイントを通過するよう設定したので、
濡れると思われる箇所は近藤ヶ淵だけだが、ほぼ干潮ピーク過ぎの通過でした。
ちなみに男の背丈だと腰くらいまで水没する。
万が一の策として、高巻きルートもあるが、濡れない反面、危険と聞いていた。
唯一、濡れたのはこの近藤ヶ淵のみだった。

滝の下番屋付近でキャンプ予定だったが、立派な番屋に着くも、誰も居ない無人状態。
少し先へ向かい男滝と女滝(二本滝)の中間にある砂場でテント泊。
夕食をしながらの長い夜を過ごし、やがて眠りにつく。


2日目行程、二本滝5:20→5:40念仏岩6:20→6:55兜岩8:00→8:55赤岩浜9:20
→ローソク岩9:40→10:15知床岬灯台10:20→10:35知床岬標識跡10:40
→10:45アブラコ湾11:10→11:40ローソク岩上の台地12:30→13:05赤岩浜13:50→14:30相泊港
(休憩含む)

二本滝を出発して、洞窟のある念仏岩の草付バンドを高巻き、反対側を懸垂下降して下りる。
兜岩は大きく迂回するように結構な高さまで高巻く。
トウゲブキの黄色の花に癒されながら、稜線まで上がる。
ここからは一気に急斜面を下るが、支点となるものが何も無いため、
メンバー8名のうち私が人間支点となり、30mザイルを使って、
残り7名が次から次に懸垂下降していく。
最後は、支点になった私はザイル無しで、両手にバイルで慎重に下っていく。
いざ下ると意外に崖のような斜面だった。
バイルも、あまり効かない柔らかな泥壁に戸惑うも、何とか無事に下へ降りる。
実際、30mよりも50mザイルのほうが良かったのかもしれない。
なぜなら、実際下まで約100m以上あったのだ。
途中からは、足を滑らすように下った。

その後、赤岩番屋に着き、番屋の人のご好意で荷物をデポさせていただき、
サブザックで岬へと向かう。
ローソク岩手前から岬台地へとあがる。
台地上は、一面に広がる花と緑, 遥かな水平線にまるで別世界です。
遠くに岬灯台が見えている。
明瞭な踏み跡はないので、それらしき場所を辿りながら、先を歩く。
国境線なる石標もある。
せっかくなので、灯台まで登る。
ここから望む岬のフィールドは、素晴らしいい景色だ。

そして、突端であるアブラコ湾に向かって歩く。
以前あったであろう、岬の石標識を確認すると、倒れていることが分かった。
そしてアブラコ湾まで下り、休憩のあと、あの大草原の中、後ろ髪惹かれるように
赤岩浜へと戻る。

途中、見晴らしの良い台地上で、一番長い休憩をとる。
皆それぞれに、辛くも長い岬まで道のりを思いふけっているのだろう。
今思えば、私自身も、まるで走馬灯のように時が流れ、想い出となって心に刻まれている。
生涯忘れることのない、深い深い思い出となったと思う。

帰路は日程の関係上、前もって無線連絡して、赤岩浜番屋からチャーターした船を利用した。

今回、リーダーのKO氏、食担のKU氏を始め、素晴らしいメンバーの仲間たちと
同行できたことに感謝いたします。
初っ端から、捻挫で膝を痛め、足を引っ張ってしまい、ご迷惑おかけしました。
ありがとうございました。

今現在は、右膝靱帯炎症の治療に専念して、早く山へ復帰できるようリハビリ中です。

またいつか、行ける日があるのだろうか・・・
いつかその日まで・・・




相泊漁港からカモイウンベ川へ・・・そして、地の果てシリエトクへ
b0078177_7465196.jpg



ゴロタ石の海岸を歩く・・・
b0078177_7471693.jpg



観音岩・・・
b0078177_7473968.jpg



観音岩を高巻く・・・
b0078177_748423.jpg



観音様・・・
b0078177_814921.jpg



観音岩上の観音様・・・
b0078177_8251750.jpg



ヘツリの核心部…
b0078177_748488.jpg


綺麗な釜のよう・・・
b0078177_919468.jpg


まだまだ続くヘツリ・・・
b0078177_749368.jpg



トッカリ瀬・・・
b0078177_8352777.jpg



タケノコ岩・・・
b0078177_750597.jpg



浅瀬のヒトデ・・・
b0078177_93069.jpg


引潮時しか歩けない・・・

b0078177_7504266.jpg


メガネ岩・・・
b0078177_7511398.jpg


微妙なヘツリ・・・
b0078177_7514486.jpg



モウレン湾手前のヒグマの糞・・・肉食気味の糞かな
b0078177_752838.jpg



ペキンの鼻手前・・・中腹にヒグマが…
b0078177_7524559.jpg



ペキンの鼻の稜線上にヒグマ立往生・・・
b0078177_7525931.jpg



ペキンの鼻の観音様・・・
b0078177_7531630.jpg



ペキンの鼻の台地にある鳥居・・・
b0078177_7533251.jpg



近藤ヶ淵のヘツリ・・・唯一腰まで浸かった場所
b0078177_17251258.jpg



男滝・・・
b0078177_754868.jpg



女滝・・・
b0078177_754401.jpg



洞窟のある念仏岩の草付バンド・・・
b0078177_7552149.jpg



念仏岩上部からの懸垂下降・・・
b0078177_7554810.jpg



兜岩への大高巻きの始まり・・・
b0078177_756832.jpg



兜岩台地から見下ろす・・・モイワシャジンの花
b0078177_7563821.jpg



急傾斜下降前に兜岩台地上で休憩・・・
b0078177_757697.jpg



下降してきた兜岩上部を見上げる・・・なかなかの急こう配だった
b0078177_7572496.jpg



お世話になった赤岩浜番屋・・・
b0078177_7574750.jpg



ローソク岩へ・・・つい最近ミンククジラが座標したようだが、すでに骨だけになったようだ
b0078177_7581732.jpg



岬台地から知床岬灯台・・・
b0078177_75838100.jpg



国境標識・・・昭和16年と書いてある
b0078177_759013.jpg



知床岬灯台・・・
b0078177_7591627.jpg



昭和38年とある・・・
b0078177_7593260.jpg




知床岬の標識があったと思われる所に倒れている石標識
b0078177_759515.jpg



使われることのないアブラコ湾・・・かなり寂れていた
b0078177_8079.jpg



大草原の台地・・・
b0078177_802630.jpg



お花畑の草原を歩く・・・
b0078177_804115.jpg



台地から赤岩浜番屋へ・・・後ろ髪惹かれる想い
b0078177_805650.jpg



赤岩浜番屋から振り返ると・・・ヒグマが海岸いた
b0078177_811339.jpg



赤岩浜番屋から乗船・・・
b0078177_9245631.jpg


キャンプ地の二本滝が懐かしい・・・
b0078177_9272759.jpg



相泊漁港へ到着
b0078177_9255734.jpg

[PR]

# by kitaironoyama | 2017-08-15 19:43 | Trackback | Comments(2)
2017年 04月 29日
今シーズン2度目の積丹岳…
昨日4月28日(金)
振替休日だったので、天気も良さそうということで、急きょ積丹岳へ
GWはあまり休みがないので、もしかすると、これで山スキー滑り納めになるのかな…

平日なので誰も来ないと思いながら、朝7時過ぎに貯水施設あたりに駐車。
案の定、誰も来ていない。

林道は休憩小屋手前まで雪が無い…
脇の沢あたりにはまだ若干残雪が残っているが、藪漕ぎ必死。

山スキーに靴を付けて、ザックにくくり、長靴を履いて残雪のある所までひたすら林道を歩く。
林道脇には、カタクリの花が満開…

b0078177_18192920.jpg


ドロドロの荒れた道を20分ほど歩くと残雪が出てきた。
ここからは、スキーに履き替え、休憩小屋を横切り、そのまま山頂目指してひたすら登る。

b0078177_18195393.jpg


大きなキノコもあるが、昨年のもので干からびていた。

b0078177_18292117.jpg


そして所々、熊の足跡がいっぱい…しかも大きい。
時々雄たけび?をあげながら、周囲を見回す。

b0078177_1828961.jpg


雪質は、ザラメ状…
灌木帯を過ぎれば、右手方向に山頂が見えてくる。

b0078177_18201383.jpg


だだっ広い雪原がなんとも言えない風景が広がる。
3月末に登った頃とは、また風景が違う。
ハイマツも見えて雪崩跡もあり、これはこれでなかなか好きな風景…

b0078177_18204162.jpg

b0078177_1821565.jpg


山頂直下を除き、ここの緩斜面は、長いスロープがあり、初心者でも滑れる魅力がある。
帰りの下山が楽しみ…

b0078177_18213968.jpg


やがて、雪質はザラメや新雪、時にはクラストしている。
風が強いのか、クラストした氷の薄いかけらが宙に舞っていた…
最後の登りは、直登できそうだが、急斜面なので無理しないでジグを切りながら登る。

b0078177_18221564.jpg


登り切れば、あとは少し奥にある山頂へ歩き出すだけ…

b0078177_18223777.jpg


そして360度の大パノラマに圧倒される山頂へ着く
この山頂からの風景…素晴らしい。

b0078177_18225666.jpg

b0078177_18231373.jpg

b0078177_18234019.jpg

b0078177_1824638.jpg


積丹岳は、冬がやっぱり好き…
少し休憩をいれ、あとは華麗にシュプール?を描きながら滑り下りた・・・つもり(笑)

b0078177_1825369.jpg


最後はまた、あの林道をスキー担いでテクテクと滑り終えた満足感に浸りながら歩いて無事終了。。。
[PR]

# by kitaironoyama | 2017-04-29 18:32 | 登山 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 12日
浜益10名山 最後の頂・・・
昨日11日、振替休日で浜益10名山最後の頂、増毛山塊奥徳冨岳へ

朝方はすっきりとした晴れ模様を期待して、早朝6時過ぎに林道に車をデポして出発。
全行程の半分が林道歩きが長い。

林道を離れ、渡渉地点はまだスノーブリッジがある。
渡り終えて広い尾根上の樹林帯をひたすら郡別岳方向に歩く。
少し開いた増田の滝手前まで歩く。
心配していた、郡別川はまだ雪の下・・・
そこから尾根に取りつく予定でいたが、その尾根が一部全層雪崩跡が・・・
その上部にはクラックが走っていた。
さて、どうする?
悩んだあげく、撤退。
残念だが、万が一のことがあるといけない・・・

せっかくここまで登ったのがもったいない。
気持ちを切り替え、3度目の郡別岳を登ることにした。
前回までは増田の滝手前から、登っていたはずだが、今回は若干トレースが残る尾根から登ってみた。
これが失敗だった・・・
全層雪崩の脇を登らねば先に進まない。
しかも、今にも雪崩そうな斜面だった。
そこを避けるように、大きく迂回して急登を登るが、スノーシューでは歯が立たない。
アイゼンを装着して慎重に登る。
その繰り返しで、3つほどのコブ?ピーク?をクラックの走る急斜面をあくまでも慎重に
慎重を繰り返し、ようやく岩峰手前コルあたりに着く。
ここで誤算、時間がかかりすぎてしまう。

とりあえず、岩峰(南峰?)に向かうも、ここから強烈な突風が吹き荒れる。
何とか岩峰下の急斜面をトラバースして、山頂手前コルまでたどり着くが、ますます強風吹き荒れ、
クラストした薄い氷塊が宙に舞うほどでの中、立って歩けないほどになっていた。
ピッケルを支えに山頂に向かうが、何度も転がりそうになる。
万が一、ピッケルから手が離れれば、あっという間に滑落するだろう。
あと10分も登れば山頂・・・
だが、意を決して撤退することに・・・
命優先・・・

残念だが、郡別岳もあえなく撤退・・・

その後も続く猛烈な突風の中、唯一強風が避けられる、増田の滝の沢へ向かって一気に下る。
そして、長い長い道のりを歩き車デポ地点まで歩き、下山完了。
時計を見れば、17時を回っていた・・・

また奥徳冨岳を踏めずに次回の宿題となった。

それにしても、あれだけの突風は3本の指にはいるほど強烈な風だった。

b0078177_19215556.jpg

b0078177_1922173.jpg

b0078177_19222910.jpg

b0078177_19225078.jpg

b0078177_1923348.jpg

b0078177_19233772.jpg

b0078177_19235730.jpg

b0078177_19241717.jpg

b0078177_1925831.jpg

b0078177_19254616.jpg

b0078177_192694.jpg

b0078177_19263428.jpg

b0078177_19265759.jpg

b0078177_19275959.jpg

b0078177_19283062.jpg

b0078177_1929205.jpg

b0078177_19285326.jpg

b0078177_1929504.jpg

b0078177_19303562.jpg

b0078177_1931025.jpg

b0078177_19311587.jpg


あとから分かったことだが、この増毛山塊が道内でも一番の風が吹いたとか・・・
[PR]

# by kitaironoyama | 2017-04-12 19:35 | 登山 | Trackback | Comments(4)
2017年 04月 01日
残雪シーズン入り・・・
先日、浜益10峰の一つ、知来岳に行ってきました。
コースは、御料地赤川林道~知来岳南東尾根の往復縦走です。
最近、このコースが流行りなんでしょうか、
林道の歩きだしは結構スキーの跡がたくさんあります。
途中から、モービルの跡だらけで、意欲半減。
稜線からはヴァージンスノーで。独り占めでした。
スキーの跡も、何も無い真っ新な雪。
いつ積もったのか、脛までラッセル。
先日の雪崩事故が脳裏をかすめ、細い痩せ尾根に一抹の恐怖がこみ上げる。
いつもなら、たんたんと登っていたような気がする。
すこし、いやらしい雪庇が稜線上にはいっぱい・・・
それにしてもスリルがありすぎです。
おまけは、稜線上に前日のものと思われる熊さんの足跡が・・・
それは恐怖の何物でもない(笑)
なにもここまで登らなくても・・・
暑寒方向は奥徳冨岳、郡別岳、暑寒別岳、他、素晴らしい展望台でした。

b0078177_1738273.jpg

b0078177_17385455.jpg

b0078177_17392473.jpg

b0078177_17402044.jpg

b0078177_174198.jpg

b0078177_17412722.jpg

b0078177_1742917.jpg

b0078177_17424320.jpg

b0078177_1743810.jpg

b0078177_1743405.jpg

b0078177_1744379.jpg

b0078177_17444420.jpg

b0078177_17452914.jpg

b0078177_17455785.jpg

b0078177_17462541.jpg

b0078177_17465334.jpg

b0078177_1747438.jpg

b0078177_17481325.jpg

b0078177_17484684.jpg


登り 5時間20分
下り 2時間40分
参考までにスノーシューです。
ここは、山スキーのほうが、下山は早いと思う。

あと残すところ、奥徳冨岳で完登。
何故か、雄冬岳は7回も登ってるし・・・(笑)
[PR]

# by kitaironoyama | 2017-04-01 17:49 | 登山 | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 29日
2016~2017 冬山シーズン山行・備忘録
2016年11月3日
初冬の駒ヶ岳を往く

下界では大沼公園の紅葉が映えていた・・・
b0078177_15293233.jpg

b0078177_1530234.jpg

b0078177_1531930.jpg




11月5日

初冬の盤の沢山を往く
細尾根の稜線歩きの先に山頂が・・・
b0078177_1535425.jpg

b0078177_15361460.jpg

b0078177_15363074.jpg




11月19日

初冬の廣申草山を往く
中山峠側林道から、長い旧道の向こうに・・・そして中山小屋へ

b0078177_1544371.jpg

b0078177_15455191.jpg

b0078177_1546811.jpg

b0078177_15463745.jpg

b0078177_15471698.jpg




12月3日

初冬の砥石山へブログアップ済


12月21日

冬の奥手稲山を往く
奥手稲山頂はホワイトアウト・・・足跡が…冬眠しない熊?

b0078177_15522379.jpg

b0078177_1553174.jpg

b0078177_15534069.jpg




2017年1月18日

厳冬の喜茂別岳を往く
長い林道から強風の山頂へ・・・無意根山見えず

b0078177_1558989.jpg

b0078177_1558592.jpg

b0078177_15592297.jpg




1月31日

中山峠の蓬莱山を往く
大荒れの天気の日は、この山に限る・・・樹氷が映える

b0078177_1614885.jpg

b0078177_1622953.jpg

b0078177_163627.jpg




2月6日

快晴の空沼岳を往く
万計山荘雪下ろしボランティア・・・
山小屋での語らい…夜が更けても足りぬ

b0078177_1655917.jpg

b0078177_1662511.jpg

b0078177_1664722.jpg

b0078177_1671922.jpg




2月11日

支笏湖界隈のまだ見ぬフレ岳を往く
オコタンペ湖上を歩き雪庇の稜線がまた楽し・・・

b0078177_16105479.jpg

b0078177_16111326.jpg

b0078177_16114373.jpg

b0078177_16123589.jpg




2月22日

樽前山の展望台、強風の多峰古峰山へ
短いコースながら、なかなかの急登・・・
その後の七条大滝へ

b0078177_16155677.jpg

b0078177_16163055.jpg

b0078177_161704.jpg




3月4日

山頂の強風さながら、白老岳へ
白老三山狙いも、強風に南白老岳は撤退・・・
雪庇の稜線歩きが核心部かな

b0078177_16194032.jpg

b0078177_16203191.jpg

b0078177_16211369.jpg

b0078177_16214210.jpg

b0078177_1622151.jpg

b0078177_16224467.jpg

b0078177_16232410.jpg

b0078177_1624693.jpg




3月11日

札幌50峰の一つ、オコタンペ湖から小漁山を往く
雪庇の稜線を崩して這い上がり、初の山頂へ

b0078177_16273111.jpg

b0078177_1628273.jpg

b0078177_1629222.jpg

b0078177_16293068.jpg

b0078177_163088.jpg




3月18日

強風、大雪大荒れのカミホロを往くも、途中撤退
翌日、急きょ快晴の積丹岳へ転進・・・
下山後、近くの散策路から女郎子岩へ・・・
熊の足跡だらけの散策路だった・・・

b0078177_16324558.jpg

b0078177_16325832.jpg

b0078177_16331831.jpg

b0078177_16335943.jpg

b0078177_16343824.jpg

b0078177_1635567.jpg

b0078177_16353366.jpg

b0078177_1636432.jpg

b0078177_16362547.jpg

b0078177_16365231.jpg

b0078177_16372694.jpg




3月25日

支笏湖の展望台、丹鳴岳へ
長い林道が核心部だった・・・

b0078177_1641840.jpg

b0078177_1641257.jpg

b0078177_16414530.jpg

b0078177_164255.jpg

b0078177_16422370.jpg

b0078177_1642546.jpg

b0078177_164841.jpg

[PR]

# by kitaironoyama | 2017-03-29 16:48 | 登山 | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 22日
山登り
最近どころか、全くblogをupしていない。
怠けクセかな(^^)
FBばかりに、upしてるような気がする。
そろそろ、ため込んだ山活日記書き込まないと…
[PR]

# by kitaironoyama | 2017-02-22 13:08 | 登山 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 03日
初冬の砥石山を歩く
2016年12月03日(土)

初冬の砥石山を歩いてみた…

天気も良いということで、国際あたりでもゲレンデスキーをと
考えてみたが、スキーの準備はできていなかったし、午後から
野暮用もあり近場の山へ行くことに。。

小林峠から藻岩へ行くか、砥石へ行くかで悩んだが、少し遠い
砥石山にした。

登山口は足首ほどの積雪なのでスパイク長靴で登る…

b0078177_16161557.jpg


登り始めはサラサラなパウダーだった…

b0078177_16172110.jpg


朝陽を浴びる遊歩道が眩しい…

b0078177_16184370.jpg


快晴無風の青空・・・

b0078177_16193698.jpg


遠くに藻岩山が望まれる…

b0078177_16201943.jpg


笹に被る新雪が綺麗…

b0078177_16213168.jpg


急登の向こうから、照りだす朝陽…

b0078177_16225284.jpg


途中経由の三角山頂標識は半分、雪の中に埋もれていた…

b0078177_16243053.jpg


やがて、笹に覆われた広場から、膝下ラッセルとなってきた…

b0078177_16273411.jpg


アップダウン繰り返しながら、見晴らしが素晴らしい砥石山山頂に着く…

b0078177_16291094.jpg


樹間越しに、定山渓神威岳、烏帽子岳、定山渓天狗岳など…

b0078177_1632614.jpg


遠くに樽前山も…

b0078177_16335592.jpg


手稲山も見える…

b0078177_1635211.jpg


今日は、ヴァージンスノーの誰も居ない山頂を独り占め…
ここからの眺めに癒されながら、コーヒータイムで山座同定を楽しむことができた…

b0078177_163641100.jpg


下山途中にある、倒木のオブジェに何故か魅了されて…

b0078177_16402972.jpg


そして、無事下山…

b0078177_164264.jpg


いつも思う…
積雪の山を歩くと無垢な白銀の世界が、たまらなく好きだ…
次回はどこへ行こうか…
[PR]

# by kitaironoyama | 2016-12-03 16:48 | 登山 | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 28日
今年最初の沢遡行・・・
備忘録その4・・・

2016年7月26日…

白老、飛生川遡行

b0078177_20353872.jpg


勇ましい7名の精鋭たち・・・いざ往かん

b0078177_2036715.jpg


入渓地点・・・

b0078177_20363713.jpg

b0078177_2037579.jpg

b0078177_20375988.jpg

b0078177_2038196.jpg


綺麗な滑床・・・

b0078177_20383731.jpg

b0078177_2039374.jpg

b0078177_20391842.jpg

b0078177_20395254.jpg

b0078177_2040956.jpg

b0078177_20403555.jpg

b0078177_20405856.jpg

b0078177_20411772.jpg


へつりあり、大高巻き・小高巻きあり、何度も渡渉あり、泳ぎあり、ドボンあり。
綺麗な滑あり、大滝あり、小滝あり、見事な沢の渓相にうっとり。
奥が深い、未知なる白老の沢。
最後まで気の抜けない泳ぎ系の沢でした・・・
[PR]

# by kitaironoyama | 2016-11-28 20:56 | 登山 | Trackback | Comments(0)